会社公認 “副業グラドル”戌丸凛々子、同僚も応援「買ってくれているかも」

会社公認 “副業グラドル”戌丸凛々子、同僚も応援「買ってくれているかも」

  • ドワンゴジェイピーnews
  • 更新日:2020/11/22

現役の大手広告代理店のOLでありながらグラビアアイドルとしてデビューし、“副業グラドル”という斬新なスタンスで話題を呼んでいる戌丸凛々子が21日、都内でDVD『隣の凛々子さん』(イーネット・フロンティア)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。

No image

本作でイメージDVDデビューを果たした戌丸は、オファーが来た際の心境を聞かれると「今までグラビアをやっていなかったので、いいのかなっていう半信半疑な気持ちが強かったです」と回顧し、実際に発売されたDVDを手にし「楽しみにしていたので、発売日が来たときは“わっ、やっとだ!”って気持ちでしたね」とニッコリ。撮影は7月に沖縄で行われたそうで「今年は外に出ていなかったので、外に出ること自体、久しぶりで沖縄だったので、夏の唯一の思い出ですね」と声を弾ませた。

そんな本作の内容を尋ねられると「会社の先輩と内緒で旅行に行くというもので、OL感がすごくある作品です」と紹介し、具体的なシーンについては「ジャケットにもなっているランジェリーのシーンは、いつも自分が着ているような服を脱いで、日常生活では身につけない下着をつけることができたので、いつもの自分からいきなりグラビアアイドルの自分になったみたいなシーンで、ものすごく印象に残っています」と吐露し、「こんな自分だったら絶対にできない誘い方をDVDでは挑戦しました(笑)」と照れ笑い。

また、見てほしいシーンには海辺で黄色いビキニを着ているシーンを挙げ「“今年は海に行けないかも”って思っていたので、素の笑顔が出ちゃっていますね」とアピールし、セクシーなシーンについては「先輩と寝るシーンがあるんですけど、黒いレースのランジェリーを着た私が「一緒に寝ましょう」って誘うようなシーンで、セクシーに撮れたと思います」と自信を覗かせた。そして、本作の出来栄えを聞かれた戌丸は「自分に甘く100点です(笑)」と自己評価した。

現在、大手広告代理店で正社員として働きながら、グラビアアイドルとしても活動している戌丸は、改めてグラビア活動をしてみての感想を求められると「すごく楽しくて、もっともっとグラビアアイドルとして頑張って行きたいなと思っていて、“副業グラドル”と言っていただけることが多いんですけど、“副業”を取って「グラビアアイドルだよね」って認められるように、いっぱい活動したいなと思いました」と意気込んだ。

さらに、グラビアが本業になることはないのか質問されると「二足のわらじで頑張って行きたいと思っているんですけど、どちらも手を抜かないというか、(本業を)月曜日から金曜日まで働いているんですけど、正社員としてこんなに働いていてもグラビアアイドルとしても活動できるんだということを、働いている人たちに思ってほしい気持ちがあるので、本業に縛られる必要はないということを発信していきたいですね」と胸の内を明かし、「本業も副業も頑張って、どちらでも名前が知れた存在になれたらいいなと思います」と野望を告白した。

もちろん、本業である大手広告代理店からもグラビア活動の許可は下りているとのことで「会社のリアル先輩とか同僚は応援してくれています」と笑顔を見せ、DVDを買ったという報告はあったか追求されると「どうなんですかね。男性はこのことに触れてこないんですよね。セクハラっぽくなっちゃうから回避しているのかもしれないんですけど、もしかしたら男性が買ってくれているかもしれないですね(笑)」と期待を寄せた。

戌丸が所属するR・I・Pは多くのグラドルを抱えているが、憧れを抱いている先輩はいるか聞かれると「皆さんに憧れていて、“この人になりたい”というのはないんですけど、この間、初めて森咲智美さんに会ったときに、“エロの芸術はこれだ!”って感動しました」と目を輝かせ、「私が言うのもおこがましいんですけど、私も芸術を極めたいなと思っています」と言葉に力を込めた。

来年の抱負を聞かれた戌丸は「20代最後なので、じゃんじゃんグラビアのお仕事をやっていきたいと思っています。かわいい感じの服とかを20代最後に着てみたいなと思っていて、水着も大人になる前のちょっとかわいいものとかを着たいな思っています」と語った。

すべての画像を見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加