オリックス・杉本、2点二塁打で先制「なんとか気持ちで打ちました」

オリックス・杉本、2点二塁打で先制「なんとか気持ちで打ちました」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/06/10
No image

1回、2点適時二塁打を放つオリックス・杉本=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)

(セ・パ交流戦、オリックス─巨人、3回戦、10日、京セラ)オリックス・杉本裕太郎外野手(30)が、チームの勝率5割復帰を呼び込む先制打を放った。

「先制のチャンスでしたし、なんとか気持ちで打ちました! まだ試合も序盤ですし、この後も打てるようにがんばります!」

一回。巨人先発・高橋を攻め立て1死満塁で巡ってきた好機を、ひと振りで仕留めた。2ストライクからの3球目、118キロのシンカーに食らいつき、左翼線へ2点二塁打を放った。その後もモヤの遊ゴロの間に1点を追加した。

チームは4月1日以降、勝率5割復帰目前で8度、跳ね返されており、勝利をたぐり寄せる貴重な先制打となった。

試合速報へプロ野球日程へ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加