四国インターハイ 県勢初のテニス優勝 新田・薦田選手が凱旋「優勝した実感がやっと湧いた」【愛媛】

四国インターハイ 県勢初のテニス優勝 新田・薦田選手が凱旋「優勝した実感がやっと湧いた」【愛媛】

  • EBCニュース
  • 更新日:2022/08/05
No image

テレビ愛媛

四国インターハイのテニス男子シングルスで愛媛初となる歴史的な優勝を飾った新田高校の薦田直哉選手が5日、学校にその偉業を報告しました。

テニスの男子シングルスで愛媛の選手として3日、11年ぶりに決勝に進んだ薦田選手は力のあるショットと冷静な試合運びで流れをつかむとセットカウント2対0のストレート勝ちで優勝。

悲願のインターハイ制覇は愛媛勢としても初の快挙となりました。

新たな歴史を作った薦田選手は初めて愛媛に渡った優勝旗を手に5日、学校に凱旋。

谷原監督がその偉業を報告しました。

永井博校長が「言葉にできないほどすごいことをやってのけた。本当に見事だ」と祝福の言葉を送り。学校全体が祝福ムードに包まれました。

新田高校・薦田直哉選手:

「ここにきてインターハイで優勝したんだなっていう実感がやっと湧いて、うれしい気持ちになっています。これからは少しだと思うんですが、自分も警戒されると思うので、しっかりそのプレッシャーをはねのけて一戦一戦戦っていきたいと思います」

インターハイ王者の称号を胸に薦田選手は、8月末に行われる次の全国大会に挑みます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加