初の所要1場所新十両の落合 しこ名は当面本名 宮城野親方は熟考「『お~』という名前を」

初の所要1場所新十両の落合 しこ名は当面本名 宮城野親方は熟考「『お~』という名前を」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2023/01/26
No image

新十両昇進が決まり、師匠の宮城野親方(右)と握手をかわす落合(日本相撲協会提供)

日本相撲協会は25日、大相撲春場所(3月12日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付編成会義を開き、落合(19)=宮城野=、玉正鳳(29)=片男波=の新十両昇進、友風(28)=二所ノ関=、徳勝龍(36)=木瀬=の十両昇進を決めた。

落合は幕下15枚目格付け出しで初土俵を踏んだ初場所で7戦全勝優勝。所要1場所での新十両は、昭和以降初となった。

まだ丸刈り頭のスピード出世。落合とともに都内の部屋からオンラインで会見した師匠の宮城野親方(元横綱白鵬)は、しこ名について、当面は本名のままながら「初のことを成し遂げた子。本人と話をして、みなさんが『お~』という名前をつけてやろうと思っている」と、タイミングを見て改名するプランを明かした。

落合も「自分の落合という名前にはすごく誇りを持っている」としたうえで「大相撲の世界で戦っていくうえで、しこ名をいただきたいという思いは強いです」と希望。「小さい時から大相撲の力士の着物姿、まげ姿はあこがれていた。早くまげを結いたい気持ちはすごく強いが、髪が短いうちに強くなって番付を上げていきたい気持ちがある」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加