有毒汚染が原因か?極東カムチャッカ半島で海洋生物が謎の大量死(ロシア)

有毒汚染が原因か?極東カムチャッカ半島で海洋生物が謎の大量死(ロシア)

  • カラパイア
  • 更新日:2020/10/16

極東ロシアのカムチャッカ半島の広い海域で、9月はじめから1か月ほどにわたり、海洋生物の95%が大量死するという謎の事態が発生した。

現在、ロシア捜査委員会と科学者らがその原因を調査中だが、なんらかの有毒化学物質が海に流出したことが原因ではと推測されているという。『abc NEWS』などが伝えている。

【他の記事を見る】パレスチナガザ地区の海岸でイトマキエイが大量死

海岸に大量の海洋生物の死骸が打ち上げられる

サーファーたちに人気のカムチャッカ半島ハラクティルスキービーチで、9月初旬に海に入ったサーファー数人は、目の激しい炎症や体に火傷を負うなどの症状を訴えた。

その後間もなくして、アザラシやタコ、ウニやヒトデなどの大量の海洋生物の死骸がビーチに打ち上げられた。

科学者ら専門家は、この事態は潜在的に壊滅的な長期的影響を伴う環境災害の恐れがあると指摘している。

カムチャッカ半島知事は、過去1週間に何百もの海水サンプルを収集し、ウラジオストクとモスクワの研究所で分析をしている段階であることを発表。

今回の調査に関わっているクロノツキー自然保護区および太平洋地理学研究所の海洋生物学者イヴァン・ウサトフ氏は、次のように述べている。

アバチャ湾の海底10~15メートル底に生息している95%の海洋生物の死骸を発見しました。大型の魚やエビ、カニなど、ほんのわずかな数が生き残っていましたが、食糧供給が破壊されたために今後も生き延びるかとなると疑問です。

水中には異様な茶色の泡があり、海岸を含め海には大量の海洋生物の死骸があります。汚染された地域は、調査した海域よりも遥かに広範囲の可能性があります。

また、共に現場に出向き海に潜って調査したダイバーで写真家のアレクサンダー・コロボク氏も、このようにショックを露わにした。

海の生態系は著しく損なわれていることがわかりました。自然界は、全てが相互に関連しているため、この出来事はかなり長期的なダメージをもたらすことになるでしょう。私もダイビング中に皮膚に火傷を負ってしまいました。

Kamchatka Peninsula, Russia 🇷🇺

The alarms were sounded nearly 3 weeks ago, as surfers reported smelling something toxic in the air.

Now thousands of sea animals lay lifeless on Khalaktyrsky Beach.

What is going on? #earth #nature pic.twitter.com/BYZGAiTigK
— Lite Pimp (@litepimp)
October 4, 2020
from Twitter

原因は、有毒化学物質?

専門家らは、この事態が壊滅的な長期にわたる環境災害を引き起こす可能性があるとしており、ロシアの捜査委員会は、この1件を犯罪捜査として調査開始することを発表した。

実は、先月の時点では、サーファーからの報告を受けた環境大臣は、この事態を軽視していたようだ。

しかし、数日後に環境保護団体グリーンピースとWWF(世界自然保護基金)が「生態学的大惨事」として警告した後、「汚染の責任者は罰せられる」と発表。5月のロシア北極圏での大規模な油流出事件を口にし、「同様に今回の件も妥協は許さない。市民の環境福祉と生態系の保全が最優先だ」と述べた。

Dead sea creatures on Khalaktyrsky Beach in Kamchatka. Surfers & divers suffering fevers, sore throats & burned corneas. Turns out oil products & phenol up to 4x normal levels. No explanation from authorities. Some suspect military exercises. @greenpeaceru https://t.co/k57lrzxrSd pic.twitter.com/bVVpRixwxF
— Alec Luhn (@ASLuhn)
October 2, 2020
from Twitter

9月1日~10月3日の間に海が激しく汚染され、大量の海洋生物が死んだ原因においては、今のところ様々な憶測が飛び交っている。

一部科学者はロケット燃料が海岸から数キロ離れた旧軍事試験場の貯蔵施設から漏れた可能性を推測。一方では、人為的な汚染により引き起こされ、悪化した有害な「アオコ」が原因ではと口にする者もいる。

ロシア捜査委員会が発表した現時点での調査では、海水にフェノールを含む油成分が含まれていることが判明したことを明かしている。

そのため、農薬を保管するために使用されている近くの施設を含み、有害化学物質を生み出す可能性があると考えられる全ての発生源を調査しているという。

この1件は、深刻な環境有害物質の取り扱いおよび海洋環境汚染違反の疑いで捜査されているが、今のところ容疑者は特定されていない。

written by Scarlet / edited by parumo

・あわせて読みたい→イルカやクジラの大量座礁や大量死。米海軍がその関与を認める。訓練や実験による海中の爆音によるもの。

動画・画像が表示されていないときはこちらから

パルモ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加