「風の谷のナウシカ」王蟲、青色のテトのぬいぐるみなど 「アニメージュとジブリ展」グッズ公開

「風の谷のナウシカ」王蟲、青色のテトのぬいぐるみなど 「アニメージュとジブリ展」グッズ公開

  • 映画.com
  • 更新日:2021/04/07
No image

ぬいぐるみやタペストリーなど約150点の展覧会オリジナルグッズを販売 (C) 1984 Studio Ghibli – H(C) 1986 Studio Ghibli(C) 1988 Studio Ghibli(C) 1989 Eiko Kadono - Studio Ghibli - N

スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーの編集者としての歩みを通し、“スタジオジブリの原点”に迫る「『アニメージュとジブリ展』一冊の雑誌からジブリは始まった」のグッズが披露された。映画「風の谷のナウシカ」のオープニングに登場するイラストをデザインしたタペストリーや、王蟲のぬいぐるみなど、約150点のアイテムが登場する。

No image

同展では、日本初の本格的な商業アニメーション専門誌「アニメージュ」を1978年の創刊から中心となって支え、編集長も務めていた鈴木氏の功績、プロデュース術や仕事術を紹介する。

展覧会中は、1983年11月号の「アニメージュ」に掲載された構想段階の青色のテトを再現したぬいぐるみ(1万1000円※税込み、以下同)、王蟲のぬいぐるみ(1万4300円)をどちらも限定ボックス入りで販売。

No image
No image

そのほか、「風の谷のナウシカ」のオープニングに登場する壁画をデザインした五彩織バスタオル(8800円)や、本展覧会の企画のきっかけにもなった「ALL ABOUT TOSHIO SUZUKI スタジオジブリの名プロデューサー・鈴木敏夫のすべて」(4620円)、「アーヤと魔女」(4月29日公開)の書籍・グッズ、公開20周年の「千と千尋の神隠し」関連グッズの販売も予定している。

No image
No image
No image

「『アニメージュとジブリ展』一冊の雑誌からジブリは始まった」は、4月15日から5月5日まで東京・松屋銀座で開催。その後、宮城県石巻市など全国を巡回予定。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加