妻が夫より高年収の“尊敬婚”なぜ増加?「俺が食わせる」は時代遅れ、大黒柱の意識薄く=川畑明美

妻が夫より高年収の“尊敬婚”なぜ増加?「俺が食わせる」は時代遅れ、大黒柱の意識薄く=川畑明美

  • マネーボイス
  • 更新日:2021/09/15
No image

最近は夫婦の女性の方が年収が高い「尊敬婚」が増えています。男女ともに、相手の年収にこだわっていると婚期を逃してしまうかもしれません。(『教育貧困にならないために』川畑明美)

結婚は「金銭感覚が似ている人」と

結婚するとなると、お相手の金銭感覚も合っていないといけませんよね。

「恋愛にお金は関係ない!」なんて、思うかも知れませんが、家庭を運営していくには、お金の知識は大切です。

とても美しい女性と結婚しても、浪費ばかりで、パートナーを銀行口座のように考えているようでは長続きしません。

ずっと長く幸せでいられるには、金銭感覚が似ていることも大事なんです。

パートナーは、あなたの鏡とも言われます。なので、あなたが変われば、パートナーも変わります。

私の夫も「親に投資だけはやらないようにと言われた」なんて言っていましたが、今では、積極的に投資しています。

急がず、じっくりとお金を増やせる家計に育ててくださいね。

女性の方が年収が高い「尊敬婚」が増えている

かつては、結婚すると「男性が女性を食べさせる」という考え方が普通でした。

ところが最近の男性は「女性を食べさせなければいけない」という発想があまりないのだそう。

なので、女性は「自分より年収が高い男性がいい!」と考えていると、結婚を逃してしまうこともあると思います。

最近の男性の傾向では「自分と同じ年収、あるいは上でもよい」という人が増えていると言います。

実際に、女性のほうが年収が高いカップルも多くなってきたそうで、「尊敬婚」って呼ばれているようです。

尊敬婚は、「結婚したらお金がかかる」という男性の悩みと、家事や育児を分担したいという女性の悩み、これがお互いクリアできるのです。

MONEY VOICE

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済),教育貧困にならないために

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加