朝ドラ「ブギウギ」ツヤ(水川あさみ)の病状と六郎(黒崎煌代)の出征に梅吉さん(柳葉敏郎)メンタル崩壊...SNS「1人になってしまう」

朝ドラ「ブギウギ」ツヤ(水川あさみ)の病状と六郎(黒崎煌代)の出征に梅吉さん(柳葉敏郎)メンタル崩壊...SNS「1人になってしまう」

  • iza!
  • 更新日:2023/11/21
No image

神社で、ツヤの快復を祈る梅吉(柳葉敏郎)(C)NHK

NHK連続テレビ小説「ブギウギ」の第37話が21日、放送され、妻の病状がすでに末期で、息子も出征となった主人公の父、花田梅吉(柳葉敏郎)を多くの視聴者が心配。この日、X(旧ツイッター)では「梅吉さん」がトレンド入りし、さまざまな反応が寄せられた。

戦後の大スターで「ブギの女王」として人気を博した歌手、笠置シヅ子さんをモデルに、主人公の福来スズ子(趣里)が多くの困難を乗り越えて歌手の道を突き進み、人々に勇気と希望を与えていく姿を描く朝ドラ「ブギウギ」。現在、第8週「ワテのお母ちゃん」(第36~40話)が放送中で、昭和14(1939)年、ドイツがポーランドに侵攻して第二次世界大戦が勃発するなか、息子の六郎(黒崎煌代)のもとに召集令状が届いた。妻のツヤ(水川あさみ)の病状も思わしくなく、熱々先生(妹尾和夫)から専門の医者に診てもらうことを勧められた。

この日の放送で、ツヤを専門医が往診。診察の結果を梅吉だけに告げようとしたが、ツヤは「ここでゆうてください。ワテ…助かりまへんのやろ?」と尋ねた。困惑する梅吉に「自分の体は…自分が一番よう分かります」とツヤ。そして診察の結果を聞き、スズ子と六郎には話さないでほしいと要望した。「まだまだあんたとスズ子と六郎とおりたかったけど…堪忍しとくれやす」。妻の言葉を聞き、梅吉はうなだれた。

抱えきれない気持ちをもったまま梅吉が銭湯の番台に戻ると、六郎は何も知らずに出征に向けて、戦地で戦う真似をしてはしゃいでいた。梅吉に対してもそのような素振りを繰り返したため、梅吉は思わず「六郎、静かにせえ。うるさいわい!」と怒鳴り声をあげてしまい、そのまま家を飛び出していった。その後、梅吉は神社に向かい「どうか、どうか助けたってください。頼んます!」と祈願した。自宅に戻った梅吉は六郎にまず「すまなんだな」と詫び、「もう一生、お父ちゃんと口利かんとこ思うた」という六郎にうなずき、「お父ちゃんな…どないしてええか分からんようになってもうてん。お前まで明日行ってまうやろ」と苦しい胸の内を明かした。翌日、出征の日を迎えた六郎は梅吉の背広を着用。梅吉から手作りのおにぎりを手渡され、「花田六郎、行きます!」と元気に敬礼した。梅吉は必死に涙をこらえながら父として息子の門出を見送った。

ツヤとの約束を守り、本当のことを告げずに見送った梅吉の姿に視聴者も号泣。SNSには「ツヤさんの病と六郎の戦争への理解に心が壊れそうになってる…」「いっぱいいっぱいなんよ」「梅吉は家族大好きなのに…切ない…」「梅吉さんの気持ちがいちばん辛い」などのコメントが殺到。一人ですべてを抱え込みながら、それを必死に隠そうとする梅吉を心配するネットユーザーも多く、Xには「梅吉さん、1人になってしまう」「ていうかこれでツヤさん亡くなったら梅吉さん大丈夫か」などのポストも見受けられた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加