「今季最強寒波でけが人も」厳寒の朝 交通機関乱れる 今後の見通しは? 新潟

「今季最強寒波でけが人も」厳寒の朝 交通機関乱れる 今後の見通しは? 新潟

  • BSN NEWS
  • 更新日:2023/01/25

新潟県内は強い冬型の気圧配置となり、上空にこの冬一番の強い寒気が流れ込んでいる影響で今朝は今季一番の冷え込みとなりました。
交通機関にも大きな乱れが出ています。

【写真を見る】「今季最強寒波でけが人も」厳寒の朝 交通機関乱れる 今後の見通しは? 新潟

各地で寒い朝を迎えた25日の新潟県内。吹雪きの中、フードを被って足早に通勤する人の姿が見られました。

【記者リポート】「細かい雪、そして特に風が強く吹いています。体に力を入れていないと風で体がもっていかれそうです」

25日朝の最低気温は各地で氷点下となり津南町でマイナス9℃、魚沼市守門でマイナス8.2℃、長岡市でマイナス6℃など県内28の観測地点のうち26の地点で今シーズンの最低気温を記録しました。

【長岡市民は】「ここらへん、ツルツルです。ブーツでも滑りますんで」

心配された警報級の大雪ですが、午前9時までの24時間積雪量は妙高市関山で49センチ、湯沢町で45センチ、魚沼市守門で40センチなどとなっています。

26日の朝までに予想される24時間降雪量は山沿いで最大60センチ、平地で最大30センチなど。

また25日に予想される最大瞬間風速は上中下越、佐渡の陸上と海上で30メートルとなっています。

この雪と風で交通機関に影響がでています。上越新幹線はポイント点検で新潟駅から東京駅の上り線で一時運転を見合わせましたが、午前7時すぎに再開しました。

また在来線は羽越線、信越線、上越線、越後線などの一部区間で終日運転見合わせとなっています。

【長岡から来た学生は】「本当は学校に行くつもりだったんですけど、急に休みになって、結局新潟駅に来た意味何なんだろうと思って」

このほか、佐渡汽船はカーフェリーとジェットフォイル全ての便が欠航に、新潟空港では25日の出発便ほぼ全ての欠航が決まっています。

また、この寒波でけが人も出ています。新潟市中央区の80代の男性が24日、風にあおられ転倒し重傷を負うなど、県内で合わせて3人のけが人が発生しています。

新潟地方気象台は26日明け方にかけて高波に警戒を、下越と中越では大雪による交通障害などに注意・警戒するよう呼び掛けています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加