「日本をよく知っていた」イングランド代表指揮官がドイツ撃破の日本代表に言及「驚きはなかった」

「日本をよく知っていた」イングランド代表指揮官がドイツ撃破の日本代表に言及「驚きはなかった」

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/11/25
No image

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督が、日本代表のドイツ代表戦勝利について言及した。イギリス『ミラー』が伝えた。

【写真】新ユニフォーム姿の日向坂46・影山優佳さん

優勝候補の一角としてカタール・ワールドカップ(W杯)に臨んでいるイングランド。初戦ではイラン代表と対戦し、6-2で圧勝を収めていた。

25日には、第2節でアメリカ代表と対戦。連勝を収めてグループステージ突破を決めたいところだ。

そのアメリカ戦に向けた記者会見に出席したサウスゲイト監督は、アジア勢のサウジアラビア代表がアルゼンチン代表を、そして日本がドイツを撃破したことについて言及。互いに9月にアメリカと対戦していることから、試合の映像を見たとのことで、驚きはないと語った。

「このようなプロセスはしばらく続いている。世界中で戦術的なアイデアの共有が確実に進み、よりグローバル化された試合を見ることができる」

「アメリカとの試合に向けて、サウジアラビアと日本の9月の試合を見ていたので、驚きはなかった。特に日本については知っていて、あの試合ではとても強さを見せていた」

「だから、最高の状態でなければならない。選手が2失点をしたことに文句を言っていたが、本当は勝ち点3で良かったということを思い知らされた」

「そして、それは実行に移す必要がある。どのチームもよく指導され、戦術を理解している」

サッカーの神様「ジーコ」が
本格サッカーシミュレーション「サカつくRTW」についに登場!
>詳しくはこちら

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加