クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ、1998年リリースのデビュー作を含む3作の再発が決定

クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ、1998年リリースのデビュー作を含む3作の再発が決定

  • NME Japan
  • 更新日:2022/09/22
No image

Photo: GETTY

クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジは1998年リリースのデビュー・アルバムを含む3作品が再発されることが決定している。

第1弾としてリリースされるのはパール・ジャムのメンバーが設立したルースグルーヴからリリースされたセルフタイトルのデビュー・アルバムで、当時数量限定で流通されていたUSオルタナ・シーンを象徴する数々のポスターやヴィジュアルを手がけてきたフランク・コジックによるエクスクルーシヴ・ジャケットで10月21日に世界同時発売される。

また、続く12月9日には、2013年に全米1位を獲得した傑作『ライク・クロックワーク』とマーク・ロンソンをプロデューサーに迎え、バンドの最新モードを刻印したグラミー賞ノミネート作品『ヴィランズ』の直近2作品がアナログ盤で再発される。

デビュー・アルバム再発の詳細は以下の通り。

label: Matador / Beat Records
artist: Queens of the Stone Age
title: Queens of the Stone Age
release: 2022.10.21 FRI ON SALE
日本独自企画盤CD OLE1768CDJP
(解説・歌詞対訳QRコード付)¥ 2,400 +tax
通常LP OLE1768LP
限定LP OLE1768LPE(Orange Vinyl/LTD)
01.Regular John
02.Avon
03.If Only
04.Walkin on the Sidewalks
05.You Would Know
06.How to Handle a Rope (A Lesson in the Lariat)
07.Mexicola
08.Hispanic Impressions
09.You Can’t Quit Me Baby
10.Give the Mule What He Wants
11.I Was a Teenage Hand Model
https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=13031

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加