西武3位中大・古賀悠斗「自分のミスで1点入ったのが痛い」捕逸を悔やむ

西武3位中大・古賀悠斗「自分のミスで1点入ったのが痛い」捕逸を悔やむ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/10/14
No image

亜大対中大 4回裏中大無死、古賀は中越え二塁打を放つ(撮影・鈴木正人)

<東都大学野球:亜大7-2中大>◇第4週第2日◇14日◇神宮

中大・古賀悠斗捕手(4年=福岡大大濠)が自らのミスを悔やんだ。「1点差まで行って、自分のミスで1点入ったのが痛かった」。

1点を追う4回の守りだった。2死一、三塁からの初球、一塁走者に盗塁を許しなおも3球目を捕逸して、三塁走者を生還させてしまった。

ドラフト会議(11日)で西武から3位指名されてから初めての試合だった。阪神5位指名の亜大・岡留英貴投手(4年=沖縄尚学)を相手に4回、先頭で右中間二塁打したが後続がない。「(岡留は)140キロ後半の速球があって、緩急が使えるんで難しい」。4打数1安打に終わり、チームも完敗した。

これで4カードを戦い終えた。1年時から出場してきた古賀の大学野球も、あと2試合になった。「残り試合をしっかりとやりきりたい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加