阪神 近本、大山が連続タイムリー!原口も2号2ランで続き、初回に4点を先制

阪神 近本、大山が連続タイムリー!原口も2号2ランで続き、初回に4点を先制

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/09/26
No image

1回、右中間へ先制の適時二塁打を放つ近本(撮影・立川洋一郎)

「広島-阪神」(23日、マツダスタジアム)

CS進出を争う広島との今季最後の直接対決。負けられない一戦で阪神が先制した。

初回、1番・中野が左前打。続く糸原は三ゴロに倒れ、ランナーが入れ替わると、近本が右中間へ適時二塁打を放った。スタートを切っていた一走・糸原が一気に先制のホームを駆け抜けた。

近本は「打ったのはストレート。フルカウントだったので、ストライクゾーンで勝負してくるだろうと思っていましたし、コンパクトに芯でとらえることができたと思います」と振り返った。

さらに大山の中堅フェンス直撃の適時二塁打で2点目を挙げ、続く原口が2号2ランを左翼席へ突き刺して開始早々、4点のリードを奪った。

大山は「打ったのはカットボール。先制した直後のいい流れに乗ることができましたし、少しでも才木を楽な展開で投げさせてあげたいと思っていたので、しっかり追加点を取ることができてよかったです」とコメント。原口は「打ったのはカーブ。チカ(近本)と悠輔(大山)が良い形でランナーをかえしてくれたので楽な気持ちで打席に入ることができました。甘い球を一振りで仕留めることができてよかったです。まだ初回なので、今後も集中していきます」と喜んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加