「文句しか言わんなら帰れ!」グチグチ不満の多い夫を一喝! 店の前でケンカ別れしたら意外な展開に

「文句しか言わんなら帰れ!」グチグチ不満の多い夫を一喝! 店の前でケンカ別れしたら意外な展開に

  • 毎日が発見ネット
  • 更新日:2021/11/28

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:おかあ
性別:女
年齢:46
プロフィール:5歳下の夫(41歳)、中学生の息子(14歳)、小学生の娘(11歳)と関西の地方都市で暮らす、まだまだ子育て真っ最中の会社員です。

大好評! 【漫画】みなさんの体験記 今月の人気ランキング<TOP10>

No image

私の夫は5歳も年下のせいか、何かにつけて私に頼りっぱなしです。

何の映画を観るか、どこに旅行するかなど、いつも何かを決めるときには「君のしたいようにすればいいよ」と言って決断を私に丸投げ。

丸投げするならするで、後でとやかく言わなければいいんですが、いつも後になってから文句をつけてきます。

「ほら、やっぱりイマイチだった」

「本当は他のが良かったんだよな」

それなら人任せにせずに意見を言えよ! とイライラしていましたが、ある日、イライラが爆発してしまう出来事が起きました。

それは、コロナが流行する少し前、2020年のお正月休みのことです。

子どもたちが出かけていたため、夫と二人で外出することにしました。

「どこに行く?」と訊ねても、やっぱり夫は「どこでもいいよ」との返答。

「じゃあ、最近できたスイーツ店がすごく人気らしいから行ってみようよ」

いつものことなので、私が行き先を決めました。

着いてみると、お正月休み中ということもあり、お店の前には長蛇の列。

「すごく並んでるね。どうしよっか?」

「どっちでもいいよ」

夫はいつも通りの答えでしたが、せっかく来たんだし、と思い行列に並ぶことにしました。

1時間近く並び、ようやく店内に入れそう、というタイミングで、夫が文句を言い出しました。

「まだかよ。だから俺はこの店じゃない方がいいと思ってたんだ」

カチンときたものの、ぐっと我慢して聞き流しました。

それなのに、夫はグチグチ文句を言い続けます。

「こんな思いまでしてスイーツなんて食いたくないよ」

「そもそも、俺は外出なんてしたくなかったんだよな」

寒い中でずっと並んでいたイライラも加わり、私の怒りは頂点に達しました。

「もうええわ! そんなしてまで一緒に食べてもらわなくて結構! はよ帰れ!」

気が付けば、たくさんの人が並ぶ行列の真ん中で、夫に向かって叫んでいたのです。

夫を含め周囲の人たちが凍り付いている中、タイミングが良いのか悪いのか、状況を知らない店員さんが「次お待ちの方、何名様ですか?」と私に訊ねてきました。

怒りMAX状態の私は迷いもなく「1名です!」と答え、唖然としている夫を残して一人で店内に入りました。

プリプリ怒りながら一人でスイーツを食べていると、空いた隣の席にお客さんが案内されてきました。

そのお客さんは、なんと私に置き去りにされた夫ではありませんか。

とても気まずそうにスイーツを注文している夫、嫌みの一つも言ってやりたくなります。

「こんな思いまでしてスイーツなんか食べたくなかったんとちがうん?」

「もう言わんといて。一人で並んでるの、めっちゃ恥ずかしかったんやから」

夫はしょんぼりしていました。

周囲から好奇のまなざしを向けられる中、大きな背中を丸めて並んでる夫の姿が目に浮かんで...。

また、よりによって隣の席になる偶然に、あんなに怒っていたことも忘れ、思わず笑ってしまいました。

「これからまた、後になってから、ごちゃごちゃ言ったらまた置いて行くからな」と言うと、「ごめん」と謝ってくれたので無事、仲直りすることもできました。

残念ながら、今でも夫の悪い癖は治っておらず、ちょくちょく腹が立つことはありますが、この一件以来「あんまり文句言ってると、『また』置き去りにしたるからな!」と言う脅し文句が使えるようになりました。

まとめ読み♪ 【漫画】みなさんの体験記 記事一覧はこちら

関連の体験記:大声で罵り合い夫は出ていき、3歳の娘は号泣...。離婚危機の原因、たかだかこんなことでした
関連の体験記:離婚した私には理解できない...? ケンカばかりの両親に感じる「長年連れ添った夫婦の絆」
関連の体験記:「本当に馬鹿だな」「何もできない奴だな」何年たっても慣れない、夫の「夫婦喧嘩の締めのひと言」

※健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
※記事に使用している画像はイメージです。

毎日が発見ネット

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加