沢に並んだ!23歳・塩越が代表初出場2発!!なでしこ8点大勝

沢に並んだ!23歳・塩越が代表初出場2発!!なでしこ8点大勝

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/06/10

サッカー女子・国際親善試合(10日、エディオンスタジアム広島)女子日本代表「なでしこジャパン」はウクライナ代表に8-0で大勝した。先発で代表初出場を果たしたMF塩越柚歩(23)=浦和=が、先制ゴールを含む2得点1アシストの活躍。東京五輪のメンバー発表が今月下旬に迫る中、代表生き残りへ猛アピールした。13日にはカンセキスタジアムとちぎでメキシコ代表と代表発表前最後の親善試合を行う。

■東京五輪へ猛アピール

初夏の太陽を浴びて、笑顔がさらに輝いた。0-0の前半5分に、MF塩越が先制ゴール。代表初出場で先発し、いきなりの初得点だ。

「五輪を目の前にして、試されていると分かっていた。失うものは何もないと試合に入った」

No image

前半、競り合う塩越柚歩=エディオンスタジアム広島(撮影・村本聡)

FW岩渕の左からの低い折り返しに走り込む。FW菅沢がスルーして足元に入ったボールを、迷わず右足で決めた。

3-0の同41分には2点目。こぼれ球を下がりながら受け、右足を振り抜いたシュートは相手DFに当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれた。過去に代表初出場で複数得点を決めているのはMF沢穂希(4得点)ら4人だけ。レジェンドの後に続いた。

「いい形で2点を取れた」。後半13分には岩渕のゴールをアシスト。東京五輪代表入りへ、2得点1アシストのアピールだ。高倉監督は「点を取ってくれたのはよかった」。同じ位置にMF籾木、MF木下がいる中での活躍に指揮官は「選考は頭が痛い」。今合宿に招集された23人から、今月下旬に発表される東京五輪代表に残れるのは18人。メンバーを選ぶ作業は、より難しくなった。

■趣味のネイルで気持ち↗↗

塩越は166センチの恵まれた体格に、鋭いドリブルが武器。高い技術も持ち合わせ、自身のインスタグラムには巧みなリフティング動画をアップする。この日は右サイドハーフで出場したが、左サイドや守備的な位置など中盤ならどこでもこなす万能型。趣味はネイルで試合の前にデザインを変え、気持ちを高めたりもする今どきの23歳だ。

No image

前半、攻め込む塩越柚歩=エディオンスタジアム広島(撮影・村本聡)

「初めて試合で海外の選手と戦っていろんなことを感じた。周りの選手の戦い方を吸収していきたい」。アピールできる国際試合は、残り1試合だけ。代表滑り込みへ、歩みは止めない。(山下幸志朗)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加