キャラガーが決定機逸の南野拓実を批判「リバプールでのキャリアを象徴」。アーセナル戦、シュート17本打ちながらスコアレスドロー

キャラガーが決定機逸の南野拓実を批判「リバプールでのキャリアを象徴」。アーセナル戦、シュート17本打ちながらスコアレスドロー

  • サカノワ
  • 更新日:2022/01/14
No image

アーセナル戦を終えたあとのリバプール南野拓実(右)とロベルト・フィルミーノ。 (Photo by Michael Regan/Getty Images)

リーグカップ準決勝ホームでの第1戦、終盤のビッグチャンスを決め切れず…。

[EFLカップ 準決勝 1st] リバプール 0-0 アーセナル/2022年1月13日19:45(日本時間14日4:45)/アン・フィールド

イングランド・リーグカップ(EFLカップ)準決勝第1戦、リバプールFCは一方的に攻めながらアーセナルFCとスコアレスで引き分けた。リバプールの南野拓実は左ウイングで先発してフル出場、アーセナルの冨安健洋は負傷のため欠場した。シュート数はリバプールの17本対3本と一方的に攻めながらも、枠内はわずか1本(アーセナルも同数)と精度を欠いた。

そうしたなか南野は90分にクロスからのこぼれ球に対し、ゴール前へ詰めてフリーでシュートを放ったが――。ボールは大きく枠を越えて、ビッグチャンスをフイにした。

『リバプール・エコー』によると、元リバプールの解説者ジェイミー・キャラガー氏はこの日の南野について、彼がいかにリバプールで地位を確立できずにいるのかを示す典型例のパフォーマンスだったと批評したという。

そして試合終盤の決定機逸について、次のように評している。

「彼はパニックになり、走り込んでシュートを放っています。落ち着いていれば、サイド(再度キック)でシュートを打つこともできました。一言で言えば、この夜のリバプールを象徴するものであり、ミナミノのリバプールでのキャリアを象徴するものでした」

26歳の日本代表アタッカーは、このコンペティションで4得点を決めていた。それだけに、ここで決めていれば――南野が改めて“ヒーロー”になることもできただけに悔やまれる。

キャラガー氏は「彼にはまだ何も起きていません。リバプールのシャツを着て多くのことをやり遂げていません」と、こうした大一番でこそインパクトを求めている。

南野は同カップ戦、4試合・4得点・1アシスト。アーセナルとの準決勝2回戦は、日本時間1月21日4時45分から行われる。

またリバプールは次戦プレミアリーグで、日本時間16日23時からブレントフォードFCとホームで対戦する。

【注目記事】
日本人選手市場価格ランキングTOP20。久保建英4位、南野拓実3位、1位は初めてあの男!Jリーグ勢トップ、浦和の酒井宏樹に

マン・C、バルサ移籍…松井大輔が「見栄えはいいが、意味ない」と警鐘を鳴らす。“ヒーロー”になってこそ出世できる。内田篤人と語り合う

日本サッカー界に打撃、三木谷浩史氏「現政権の水際対策強化、隔離政策は経済にマイナスなだけ」

[文:サカノワ編集グループ]

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加