加藤浩次、共演者全員“五輪サッカー見てない”温度差嘆く

加藤浩次、共演者全員“五輪サッカー見てない”温度差嘆く

  • ナリナリドットコム
  • 更新日:2021/07/23

お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次(52歳)が、7月22日に放送されたラジオ番組「アッパレやってまーす!」(MBSラジオ)に出演。東京五輪のサッカーU-24日本代表の勝利に興奮する加藤とは正反対、テンションが低いほかのメンバーとの温度差を嘆いた。

No image

その他の大きな画像はこちら

この日の番組冒頭、サッカー好きの加藤は興奮気味に「いまね、日本代表のサッカー終わったんだけど、勝ったねぇ」と、同日夜に行われた東京五輪のサッカー初戦、U-24日本代表vs.U-24南アフリカ代表で日本が勝利した話を切り出したが、「おめでとうございます」程度の反応しかない番組メンバーに加藤は「温度低いね……このラジオ」とボヤキ節。

相方の山本圭壱は「もう始まってるの?」と、開会式前に行われる競技があることを知らず、加藤は「サッカーも今日からやってますよ。南アフリカ戦」と説明すると、番組メンバーからは「そうなんだ」「へぇ〜」との声、それでも加藤は「危なかったよ、ドン引きだったからさ、南アフリカがもう。“失点しない狙い”だよね」「良かったよ〜とりあえず久保くんのゴールで」と試合の様子を力説したが、あまり食い付いてこない番組メンバーに「ビックリしたよ、この温度の低さ」と再びボヤいた。それもそのはず、この日の出演者――加藤、山本、小峠英二(バイきんぐ)、池田裕子、大谷映美里(=LOVE)、小林豊(BOYS AND MEN)の6人のうち、サッカーを見ていたのは加藤1人のみ。加藤は「みんな見てるかと思って……誰も見てないっていう。そんなことあるんだね……ビックリした」「生でスポーツ終わって、日本代表勝ったって生放送のラジオでその話、僕はすると思ったんですよ。みんなでしたかったんですよ。『あれどうなんですか?』とか聞かれて『こうなんだよ』ってしたかったんだけど、一向に……番組始まって2分48秒経過しましたけれど、盛り上がらない」と、ウキウキで臨んだ生放送のラジオが、期待とは全く違うテンションだったと、寂しそうに語る。そんな加藤に、小峠は「やっぱ若干、加藤さんのテンション鬱陶しいすもんね(笑)」とツッコミ。加藤は「そうなっちゃうよな。オレが悪いのかな? 温度たけぇよ、あの試合見たら。結局、だからテンション高いほうが損するみたいな世の中の流れ、オレ嫌いなんだよ」と悲しんだ。

Narinari.com編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加