小島瑠璃子、大先輩・和田アキ子に「原泰久氏との交際報告せず」に“計算高さ”を感じたワケ

小島瑠璃子、大先輩・和田アキ子に「原泰久氏との交際報告せず」に“計算高さ”を感じたワケ

  • サイゾーウーマン
  • 更新日:2020/09/15
No image

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな有名人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の有名人>
「こじるり、結婚するとき言えよ」和田アキ子
『アッコにおまかせ』(9月6日、TBS系)

かつて『めちゃ×2イケてるッ』(フジテレビ系)で、加藤浩次が「売れる女の子のバラエティタレントは、本当に性格がいいか、全部計算かのどちらか」という意味の話をしていたことがある。何をもって「本当に性格がいい」かについては言及していなかったが、多くの人が出演するバラエティ番組では、ほかの出演者を立てつつも、自分の個性をアピールする必要がある。

となると、バラエティ向きの「性格の良さ」とは、礼儀正しさと控えめさ、空気を読む力を指すのではないだろうか。一方の「全部計算」とはどうかと言うと、自分の見せ場を作るために「全部計算」するわけで、となると、番組全体の流れや司会者、共演者のクセなどを冷静に把握しなければ、自分に有利な展開に持っていけない。そうすると、かなり共演者について研究する必要があり、「勉強熱心」「努力家」と見ることもできるはずだ。「本当に性格がいい」タイプであろうと「全部計算」タイプであろうと、実は根っこの部分は似ていて、「相手をよく見ている」という共通点があるように思う。

「本当に性格がいい」タイプと「全部計算」タイプの売れっ子女性バラエティタレントに、もう一つ共通点があるのではないかと思うことがある。というのも、どちらも不倫や略奪など「ワケあり恋愛」にはまりがちのように感じられてならないのだ。

例えば、平成のバラエティ番組で大活躍していたタレント・ベッキー。かつてベッキーは『やりすぎコージー』(テレビ東京系)で「テレビ局のスタジオに入るときは、一礼する」「サイン色紙を書いた後は相手の幸せを祈る」といった習慣を明かすなど、礼儀正しく、「性格がいい」タレントとして有名だった。

そんなベッキーが、ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音と恋をする。「週刊文春」(文藝春秋)によると、ベッキーは川谷が当時既婚者であることを知らされていなかったそうだが、不倫を「文春」に撮られてしまった。いい子ウリしていただけにイメージは失墜し、CMや番組も降板。長期の休業を余儀なくされた。

そして、『アメトーーク』(テレビ朝日系)で、ヒロミに「天才だと思うね」と評された小島瑠璃子。彼女もベッキーと同様、バラエティで大活躍しながら、「ワケあり恋愛」にはまったタレントと言っていいのではないだろうか。

小島は大物の覚えはめでたいが、同世代には遠慮がないようだ。『クイズ!THE違和感』(TBS系)では、トリンドル玲奈が話しているのに、割り込んで入っていくなど、バラエティ巧者らしからぬ態度を見せた。誰を立てて、誰なら攻めていいかを知っているあたり、「計算高い」と言えるのではないだろうか。

その小島の熱愛を、7月末に「週刊ポスト」(小学館)が報じた。お相手は、超人気漫画『キングダム』(集英社)の作者、原泰久氏。もともと、小島が『キングダム』の大ファンで、2018年11月放送の『世界ふしぎ発見!』(TBS系)で対面を果たす。そこから交際が始まったと考えるのが自然だが、原氏はお子さんのいる既婚者。となると、三角関係の末に小島が妻子から原氏を略奪したのではないかという説が浮上してきた。

しかし、「文春」によると、事態はもっと複雑だった模様。原氏は「妻と別れるから、結婚してほしい」とあるアイドルに迫り、アイドルは当時の婚約者と別れてまで交際を始めた。しかし、原氏は離婚せず、アイドルは芸能界を引退した。その“空席”に飛び込んできたのが、小島だったそうだ。

小島と原氏の関係が不倫だったのかを知るために、原氏の離婚時期は重要になってくるが、原氏はTwitterで、離婚の時期を今年の3月だと発表した。ニュースサイト「文春オンライン」によると、小島との交際は「春から」だそうで、ということは、不倫でも略奪でもないと見ることができる。しかし、だからといって、世間が祝福ムードにはなっているかというと、そうでもないように個人的には感じている。

このように「ワケありの恋愛」をしたベッキーと小島だが、ベッキーは「本当に性格がいい」タイプゆえに、川谷を責めずに離婚を待つ戦法を取り、その途中で「文春」に撮られてしまったという印象を受けるが、一方の小島は「全部計算」タイプであるゆえに、まるで原氏を囲い込むかのように、定期的に交際情報や匂わせ疑惑が上がってくる。

例えば、8月27日付のニュースサイト「NEWSポストセブン」が「小島瑠璃子と『キングダム』作者のデート、ジブリ映画鑑賞か」と報じていて、小島が原氏に肩に手を回すなど、仲の良さを示す写真が掲載されている。8月19日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)では、「中国の兵馬俑を見に行ったところ、自宅の寝室から変な音がするようになり、霊視してもらったところ、寝室に中国の兵士が前から後ろに並んで、枕元を見ていると指摘された」など、中国ネタを披露して、司会の明石家さんまに「キングダムだな~」と言われていた。

このほかにも9月5日放送の『さまぁ~ず三村マサカズと小島瑠璃子のみむこじラジオ』(ニッポン放送)では、「結婚前の同棲」が話題に上がったとき、「私はそんなに長く同棲しなくていいな、と思っちゃう」と、早く結婚をしたほうがいいと思わせるような発言をしている。

これらの出来事や発言を単なる偶然と解釈するか、前妻や過去の彼女へのマウント、もしくは「原氏とは交際が順調である」アピールと取るかはその人次第だが、一つ興味深いのは、小島が今回の熱愛を同じ事務所の大先輩・和田アキコへ報告していないことだ。

和田は、後輩芸能人の交際や結婚、離婚を報告されることを好むタイプだろう。報告を怠ると、和田の機嫌を損ねるので、特に和田の直接の後輩であるホリプロ所属タレントたちは、きっちりと報告しているようだ。小島もホリプロ所属なので、当然報告は済ませているかと思いきや、8月9日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)で、和田は交際を「聞いていない」と漏らしていた。9月6日放送の同番組では「こじるり、結婚するときは言えよ」と言っていたことから考えると、どうしても報告がほしいようだ。

それでは、小島が報告をしないタイプかというとそうでもない。小島は以前に関ジャニ∞・村上信伍の自宅マンションに通う姿を「フライデー」(講談社)に撮られたことがある。その時はちゃんとに報告し、和田は『アッコにおまかせ』で「二十歳すぎてるし、別にいいと思う」と交際を肯定するコメントを出している。このことから考えると、小島は、交際が順調で擁護してほしい時は和田に報告し、いろいろとワケありで全てを報告するわけにいかない恋愛の際は報告しないというふうに使い分けているのではないか。和田が「報告を受けていない」と怒る様子を見た時の原氏のリアクションまでを計算する……そんな策士っぷりを発揮しているように感じられた。

もちろん、小島が不倫略奪愛をしたという証拠はないし、仮に略奪したとしても、小島のために、妻子を捨てるかどうかという最終的な決断をしたのは原氏だから、小島が責められるのもおかしな話だ。ただ一つ言えることは、小島は、まるで計算しているかのように、「原氏との交際が順調である」という既成事実を着々と積み上げているということだろう。

どんなワケあり恋愛だろうと、きちんと結婚して安定した生活を営めば“純愛”になる。大手のプロダクションが手塩にかけて育てた人気タレントのイメージを落とすような交際をしておいて、「ただ付き合ってます」では、済まされない。原氏が小島との結婚を決心しないがきり、交際アピールはやまないのかもしれない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加