Apple、夏にドラマチックな写真を撮影&編集する方法を動画で紹介

Apple、夏にドラマチックな写真を撮影&編集する方法を動画で紹介

  • iPhone Mania
  • 更新日:2022/08/06
No image

Appleが、iPhoneで夏の光のもとで印象的な写真を撮影し、簡単に編集するテクニックを紹介した動画を公式YouTubeチャンネルで公開しました。

夏の太陽が生み出すドラマ

Appleが公開した動画「How to Shoot & Edit Dramatic Summer Light on iPhone(ドラマティックな夏の光をiPhoneで撮影&編集する方法)」では、夏の太陽光が持つ色を活かしてiPhoneで印象的な写真を撮影し、簡単な編集で写真の魅力をアップさせる方法を紹介しています。

先日公開された、印象的なシネマティックビデオを撮影する方法や、動物の豊かな表情を撮る方法と同じシリーズの動画です。撮影の舞台はメキシコシティーです。

No image

一緒に撮影するメンバーとは、「アルバム」タブの画面で左上の「+」をタップして、共有アルバムを作成すると便利です。

No image

夏の強い光が生み出す影を強調するには、太陽のマークを下にドラッグして露出を調整すると効果的です。

No image

撮影後のひと手間で写真がドラマチックに

撮影した写真は「編集」をタップしてコントラストや暖かみなどを調節すると、印象の異なる作品へと変わります。調整は何度でも元に戻してやり直すことができます。

編集前の写真がこちらです。

No image

コントラスト(+35)、暖かみ(+30)、彩度(+55)、自然な彩度(+45)を調整した写真がこちらです。太陽光の色合いが際立った、メリハリある写真になりました。

No image

魔法の時間を活かそう

マジックアワー(英語ではGolden Hour)と呼ばれる、太陽光が金色に見える日没付近の時間帯は、美しい写真が撮れやすい「魔法の時間」です。

No image

ポートレートモードで人物を撮るときは、顔を太陽光に向けてもらうとドラマティックな写真になります。

No image

撮影後の簡単な編集で、ポートレート写真をいっそう印象的な仕上がりにできます。

編集前の写真がこちら。

No image

シャドウ(-47)、明るさ(-41)、ブラックポイント(+21)を調整すると、明暗差を活かした引き締まった写真になりました。

No image

夜の撮影にはナイトモードが活躍

夜の撮影では、ナイトモードが活躍します。ナイトモードは、暗い場所での撮影時に自動で動作します。

No image

ナイトモードで撮影した写真でも、簡単な編集をすると印象が変わります。

編集前の写真がこちらです。

No image

彩度(+60)、コントラスト(+34)、暖かみ(+30)、ビネット(+100)を調整すると、光の暖かみと影が際立ちました。

No image

夏の撮影術を紹介した動画はこちら

Appleが公開した動画は、こちらでご覧ください。

Apple Storeで開催されている無料講座「Today at Apple」では、写真撮影などのテクニックを学べるセッションが開催されているので、ご都合の合う方はAppleのWebサイトあるいは「Apple Store」アプリで予約し、参加してみてください。

Source:Apple/YouTube

(hato)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加