NiziU、2ndシングル売り上げ減は確実? 『紅白』出場後に「失速した」といわれるワケ

  • サイゾーウーマン
  • 更新日:2021/02/21

昨年、ソニーミュージックとJYPエンターテインメントの共同オーディション・プロジェクト「Niji Project」から生まれたガールズユニット・NiziU。ネット上では早くも、人気の陰りを指摘する声が上がり始めているという。

NiziUは昨年6月、プレデビューデジタルミニアルバム『Make you happy』が大ヒットし、同名曲のMVがYouTubeで2億回再生を達成。その後、同12月に「Step and a step」で正式にCDデビューすると、年末の『NHK紅白歌合戦』にも出場を果たした。今年に入ってからは、ソフトバンクとのプロジェクト「NiziU LAB」や、限定デザインボトルが販売されたコカ・コーラのCMに出演し、ほかにもアジア・アンバサダーに起用されたH&Mからコラボ商品を発売するなど、大々的な活動を展開。4月7日には2ndシングル「Take a picture/Poppin' Shakin'」の発売を控えているが、世間の関心は以前ほど高くはないようだ。

「『Step and a step』は、オリコン週間CDシングルランキングにおいて、初登場1位を獲得し、推定売上31万1,774枚を記録しました。しかし、乃木坂46などの人気グループを凌駕するほどの勢いだと、メディアがこぞって持ち上げていた割には、『それほど売れていない』と指摘する声がネット上に多数飛び交うことに。『紅白』に出場したものの、今年に入ってからは、昨年に比べてNiziUが話題に上がる機会が減ったとして、『勢いが失速した』という声もちらほら見受けられるようになりました。そういった流れから見て、2ndシングルの売り上げは前作より落ち込むのではないでしょうか」(芸能ライター)

「Niji Project」は、huluで配信されたほか、定期的に朝の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)で特集が組まれていた。オーディション自体は確かに注目を浴び、メンバー決定後、間髪入れずに配信された『Make you happy』も大ヒットしたが、その後、日テレがバラエティ番組でNiziUを猛プッシュするようになると、ネット上では「ゴリ押し」批判が目立ち出すことに。それゆえに「一定のファンを獲得しているにもかかわらず、『ゴリ押しによる偽りの人気』『本当にはやってるの?』『どの層に需要があるのかわからない』などと、うがった見方をされている印象」(同)という。

「NiziUは、韓国でデビューしておらず、韓国基準で見ると、ダンスや歌に関しても、日本のメディアが持ち上げるほどの実力はまだないという声も聞かれます。大々的なデビューの余韻が消えつつある今、NiziU賛美なニュースと現実のギャップを埋めるため、コツコツと実力を身につけていくのが、長く愛されるグループになるためにもっとも必要なことでしょう。そうでなければ、プロモーション期間が終わるとともに、フェードアウトしてしまう可能性もあります」(同)

昨年彗星のように現れ、世間を騒がせたNiziUだが、早くも暗雲が立ち込めている。その人気が作られたものではないことを願うばかりだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加