バイプレイヤーズ公式ツイ、大杉漣さん命日に動画公開...ドラマでも台詞に「大杉さん」

バイプレイヤーズ公式ツイ、大杉漣さん命日に動画公開...ドラマでも台詞に「大杉さん」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/23
No image

大杉漣さん

テレビ東京系ドラマ「バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間」の公式ツイッターは21日、3年前のこの日に亡くなった俳優の大杉漣さんについて「『バイプレイヤーズ』のリーダー」と投稿し、1分半に渡る動画を公開した。

大杉さんは18年放送の「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」に出演。亡くなる直前まで撮影に参加した遺作でもある。亡くなった後に放送された最終回は世帯平均視聴率4・5パーセントで、全5話中、最も高い数字をマーク。最終回は大杉さんの顔のアップから始まっている。

大杉さんとの突然の別れから3年。命日となった21日はドラマの公式ツイッターで「バイプレイヤーズ辞典」の「お」として「大杉漣」を紹介。「幅広い役柄を演じ“300の顔を持つ男“と呼ばれるバイプレイヤーの代表的存在。『バイプレイヤーズ』のリーダー」と紹介。そして大杉さんのドラマのオフショットなどをつないだ動画も公開した。

命日直前の19日深夜の放送では、オーディションに参加した菅田俊が「大杉漣さんのサッカーチームでプレーしてます。体力には自信があります!」と、大杉さんの名前を出す一幕も。またやはり出演した浪岡一喜も、同ドラマの公式ツイッターで出演への意気込みとして「念願の、待ちに待った出演。漣さんとの約束がやっと果たせました!」と、大杉さんを思うコメントを発表していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加