ワンランク上の女性を目指すなら【ヴァン クリーフ&アーペル】のアルハンブラとフリヴォル

ワンランク上の女性を目指すなら【ヴァン クリーフ&アーペル】のアルハンブラとフリヴォル

  • 美ST ONLINE
  • 更新日:2021/09/15

Van Cleef & Arpels(ヴァン クリーフ&アーペル)を代表する大人気のアルハンブラとフリヴォル。この2つのデザインをメインにしたナイトシーン、昼シーンのコーディネートを紹介。ジュエリーにぴったりのメークに合わせて、ワンランク上の女性を演出して。

▼あわせて読みたい 橋本マナミさんが着ける、いい女を格上げする時計【ピアジェに合う】メーク・ファッション・香水

ブローチ一つできちんと感がアップ!メゾンの世界感は自然モチーフで軽やかに

No image

間接照明のディナータイムはダイヤモンドがファーストチョイス。着席後も華やかでいたいからチョーカーとロングネックレスで作るトライアングルな首元でフォーマル度をアップして。輝きは共鳴しあうので耳、首、胸、指で煌めきの四重奏を奏でれば語らいも一層盛り上がるはず。

身に着けたジュエリーはこちら

No image
No image

気品が漂うホワイトの輝きには凜としたタイトヘアで。

【Make-up】目元は繊細な輝きの微細なパールでノーブルに

No image

左・血色UP。SNIDEL パウダー ブラッシュ 04 ¥3,630(SNIDEL BEAUTY)右・コンパクトアディクション センス オブ クラリティ 101 ¥6,600 ※8/6限定発売(ADDICTION BEAUTY)

【Lip】ドラマティックな赤リップを

No image

なめらかな質感で深みのある赤リップを。クレ・ド・ポー ボーテ ルージュアレーブル マット 120 ¥6,600※7/21発売(クレ・ド・ポー ボーテ)

フリヴォルのミラーポリッシュの輝きを重ねればハイジュエリーの輝きにも劣らないハッピーコーデに

No image

パリマダムたちは、年齢を重ねるほど甘めジュエリーに手を出します。シックなスタイルにこそ甘め、そのバランス感覚はジュエリーを何百年も前からつけなれているDNAのなせる業?甘めジュエリーに甘めスタイルはご法度。シンプルサマードレスに花を散らしてバカンスディナーに。

身に着けたジュエリーはこちら

No image
No image

アルハンブラのダイヤモンドが顔色をパッと明るく優しげな表情に。

【Make-up】眉メークをしっかりめにゴールドの微細な光とオレンジでヘルシーに

No image

左・セルヴォーク インディケイト アイブロウパウダー EX01 ¥3,850 ※7/28直営店数量限定発売(セルヴォーク)右・RMK インジーニアス パウダーチークス N EX-19 ¥3,300 ※8/6数量限定発売(RMK Division)

【Lip】リップもお洒落なオレンジで

No image

なめらかな質感で深みのある赤リップを。クレ・ド・ポー ボーテ ルージュアレーブル マット 120 ¥6,600※7/21発売(クレ・ド・ポー ボーテ)

昼シーンはカラーでまとめてコーディネート

No image

ノーネックレスでコーデしたいアルハンブラ唯一の4モチーフピアスは、主役級の存在感。カジュアルなスタイルのクラスアップには、エターナルでコンサバティブなデザインが効果を発揮。アントレ レ ドア リングは、メゾンのアイコン。つけやすいのも人気の秘密。

No image

モノトーンばかりのデイリースタイル。いつものジュエリーにちょっと飽きて気分を変えたい、パワー不足、そんな時には旬カラーのグリーンを投入。いつものアルハンブラがなぜか違う主張をしてくるマラカイトシリーズ。エメラルドと合わせて遊ぶことも。

No image

黒ジュエリーは実はマルチ。どんなスタイルも品よくスタイリッシュにまとめてくれます。コンサバにまとめたい、抜け感を作りたい、どちらもOK。遠目だとダイヤモンドより存在感を放つアルハンブラの黒。揺るがない完成度が時代を超えても愛され続ける理由。

こちらの記事もおすすめ

No image

【美しすぎる名古屋の美女医】木下裕美先生のおしゃれ・コスメ・美容医療に密着!

美STファミリードクターとしても活躍する。名古屋のリブラささしまメディカルクリニックの木下裕美先生。大のコスメ好き、ファッションセンスも抜群な木下先生に密着しました。

2021年7月16日 20:00

No image

橋本マナミさんが着けるオンナを上げる時計【ジャガールクルトに合う】メーク・ファッション・香水

“本物”が似合う熟成肌になった40代。いい男が目にするところはその女性がどんな時計を着けているか。時計ジャーナリスト福留亮司さんが愛したいのは「究極にシンプルな女性」。それを体現する時計ジャガー・ルクルトとファッションを紐解きます。

2019年10月18日 20:00

No image

まるでB.Aのスキンケア!時間が経つごとに美しくなれる「水ハリ艶肌」ファンデ誕生!

水を湛えたようにツヤが仕込まれ、シルクのようななめらかさで骨格際立つ今夏、B.Aのベースメークが進化! B.A スキンケアのサイエンスを応用し、業界初のテクノロジーも搭載。本物志向の〝スキンケア発想のベースメーク〟が誕生しました。肌を育みながら内から溢れ出るような「水ハリ艶※1肌」をキープ。つけ心地も軽やかだから、リモートワークの日も、マスクの下にも、ずっとつけていたくなります。

2021年8月17日 12:00

2021年『美ST』9月号掲載撮影/中村和孝〈人物〉、久々江 満〈静物〉 ヘア・メーク/千吉良恵子(cheek one) スタイリスト/菊地ゆか モデル/神戸蘭子 取材/中郷裕美、金沢由紀子、兵藤美香  編集/小澤博子 取材協力/Astier de Villatte伊勢丹新宿店※掲載のヴァン クリーフ&アーペルはすべて私物です。

美ST ONLINE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加