Koch Mediaの新ブランド「PRIME MATTER」発表! グローバル、多様性がコンセプト

Koch Mediaの新ブランド「PRIME MATTER」発表! グローバル、多様性がコンセプト

  • Game Spark
  • 更新日:2021/06/11
No image

Koch Mediaの新ブランド「PRIME MATTER」発表! グローバル、多様性がコンセプト

Deep Silverを傘下に置くオーストリアのパブリッシャーKoch Mediaは、オンラインイベント「Summer Game Fest 2021」において、新ブランド「PRIME MATTER」の立ち上げを発表しました。

「PRIME MATTER」はアリストテレスの自然哲学における「第一資料」を表し、物質として定まっておらず、どんなものにでもなる可能性を秘めているとされています。

世界中のスタジオからもたらされるゲームの多様性を理念に掲げており、欧州だけでなくアジアや東欧、南米などグローバルにパブリッシングを行います。

また、同社は日本時間12日午前4時より、自社主催のストリーミング放送「Koch Primetime show」を開催します。それに合わせ、ティザーサイトwww.weknowsomethingyoudontknow.comでは、監視カメラの映像に新発表のヒントとなるアイテムが映っています。果たしてサプライズはあるのか、期待してお待ちください。

Prime Matter Koch Mediaの新プレミアムゲームレーベル&ラインナップについてWhat is this news about? ― Prime Matterとは?

Embracer Groupの一員である、世界的なゲームパブリッシャーのKoch Mediaは本日、世界中のゲーム開発会社が製作する素晴らしいゲームを提供する、プレミアムゲームレーベル「Prime Matter」を立ち上げました。 「Prime Matterは、開発会社と彼らの持つビジョンとの調和を図りながら、Koch Mediaの持つ25年にも及ぶグローバルな経験を提供することで、ゲームの持つ可能性を最大限に引き出すことを目的としています。」 Prime Matterは、クリエイティビティと表現力を駆使して、世界中のスタジオが持つそれぞれの影響力や多様なゲーム制作へのアプローチ方法に焦点を当て、プレイヤーを魅了する壮大なストーリーを持った、素晴らしい瞬間を生み出す、何よりも楽しみに溢れたゲームを提供します。 「開発者の方々は皆、ユニークな才能に溢れています。私たちは AAAからインディーズまで、 世界各地から多種多様な創造性に富むゲーム作品をお届けできることを嬉しく思います ゲームは世界共通の言語であり、忘れ去られることのない愛です。さまざまな人が関わり成長し続けるこの物語の一端を担えることを、私たちは誇りに思っています。」



Why now? And why the name “Prime Matter”?

― なぜ今立ち上げるのか?名前の由来は?

ゲーム業界は継続的に成長している業界です。世界中から新たな技術と才能が生まれており、大きな可能性と将来性を持っています。 Koch Mediaの成長と変革を促進するためには、 我々の価値観を継承しつつ、独自のパートナーシップを提供する能力を強化するべく新たな拠点を構築することが重要でした。「Prime Matterはプレミアムゲームの新たな拠点として、現在そして将来のパートナー企業に対し、Koch Mediaが培ってきた専門知識を提供し、ゲームが持つ可能性を最大限に引き出すことを目的としており、また、ダイナミックかつフレッシュでパワフルな新しいチームを擁しています。 同時にゲーム業界は、ゲームを扱う業界ですから、本質的に楽しいものであることを忘れてはなりません。Prime Matterはゲーマーとの繋がりも大切にし、コミュニティの構築と熟成、数々のゲームの楽しさをシェアしていくことにも重きを置いています。」「Prime Matterという名前は面白く、さまざまな意味が込められています。少しオタクっぽい名前かもしれませんが、我々の持つ本質的な価値観を素直に反映している名前です。」公式の定義では、「『Prime Matter』とはそれ自体が実質性/固定性/事前に定義された形のいずれも持たない物質であり、そのため一つの物質の形にとどまらず、常に さまざまな種類の物質に変化することができるもの」 としています。 このビジョンは柔軟性や適応性、集中力、多様性などのさまざまな要素を均等に組み合わせたものです。そして、素粒子の概念や、形と物質の関係性は、 世界中のさまざまな歴史的・哲学的な文化をおおよそ参考にしています。「過去25年間成長を続けてきたKoch Mediaの成功の影にあった、ビジネスアプローチと重ね合わせて考えると分かりやすいです。私たちはパートナー企業のゲームタイトルやプロジェクトの可能性を実現するべく、柔軟に自らを改革することができるということです。」

Where is this happening and WHO are these wonderful people? ―拠点はどこで、どんな人々が働いているのか?

Prime Matterはドイツのミュンヘンに拠点を置き、経験豊富な業界のベテランを中心に、さまざま文化的背景を持つゲームのエキスパートをによって構成された、若くダイナミックな、素晴らしい才能の宝庫です。「Prime Matterのチームは根っからのゲーマーたちで構成されており、情熱を待ったさまざまな開発者たちと協力して、ゲーマーによるゲーマーのためのゲームを制作しています」Prime MatterはKoch Mediaならではのスタイルで、制作からパブリッシングまで、あらゆるスタイル、規模、サイズのプロジェクトに取り組みます。そのパートナーは、夢に向かって最初の一歩を踏み出そうとしているインディー開発者の方から、世界市場での次のステップを模索し、そのブランドを確立しようとしている大規模なスタジオにまで及びます。ゲーム業界の成長につれて、Prime Matterもまた、既存・新規IPを問わず、シングルプレイやマルチプレイ、LiveOpsなど、さまざまな領域に特化した取り組みが可能となっていきます。

The Games and the Developers behind them―ゲームラインナップとそれぞれの開発会社について

「Prime Matterを発進させるにあたり、このように幅広いタイトルをラインナップに並べることができたのは、当社の理念および誓約がまさに実現したといえるでしょう。さまざまなスタジオが提供する多様なゲームは、既存および新規のIP、多彩なジャンル、シングルプレイ、Co-op、マルチプレイ、LiveOpsなど、すべてのゲーマーが楽しめる多岐にわたる内容となっています。」

『Payday 3』 ― Starbreeze Studios (スウェーデン)

エネルギッシュな一人称視点協力型シューティングシリーズの最新作。プレイヤーは、ハリウッドを舞台に、伝説のギャング「PAYDAY」の一員として世界的な犯罪者となり、強盗を実行することになります。

『Crossfire: Legion』 ― Blackbird Interactive(カナダ)

SmilegateとPrime Matter により発売予定です。近未来の世界大戦と派閥争いというジャンルに最適なシナリオ設定を持つ、ユニークなRTS。

「Painkiller」シリーズ新作

伝説の『Painkiller』が帰ってきた!今後の情報にご期待ください。

『Kings Bounty 2』 ― 1C Entertainment(ロシア)

ストラテジーRPGの金字塔である「King’s Bounty」シリーズの最新作です。

(新IP) 『Scars Above』 ― Mad Head Games (セルビア)

厳しい悪夢の世界で孤独な主人公が生き延びようともがく、ダークSFアクションアドベンチャー。

(新IP) 『Codename Final Form』 ※仮称 ― Reikon Games(ポーランド)

未来に生きるサイバーヴァルキリーとして人類の滅亡阻止を目指す、緊張感のあるFPS。

『Gungrave G.O.R.E』 ― IGGYMOB (韓国)

スタイリッシュな三人称アクションシューター。死から蘇ったガンマン&夢のアンチヒーローであるグレイヴを操作して、数々の敵を血なまぐさい弾丸のバレエでなぎ倒していきます。

(新IP) 『Dolmen』 ― Brazilian Massive Work Studio(ブラジル)

近未来SFとラヴクラフト的なコズミックホラーが組み合わさった、新作ホラーアクション。

(新 IP) 『The Last Oricru』 ― GoldKnights (チェコ共和国)

SF要素が組み合わさったユニークな中世が舞台の三人称アクション。

(新 IP) 『Echoes Of The End』 ※仮称 ― Myrkur Games(アイスランド)

ユニークなファンタジー世界が舞台の、ストーリー重視のシングルプレイヤーアクションアドベンチャー。主人公は己の本当の目的を探し求めている女性、Ryn。

(新IP) 『The Chant』 ※仮称 ― Brass Token(カナダ)

独特な雰囲気を持つ三人称視点のサイコホラーアドベンチャー。

(新 IP) 『Encased』 ― Dark Crystal Games(ロシア)

エイリアンの文明に隠された秘密を解き明かす―というミッションに挑む、クラシックRPG。

Nintendo Switch版 『Kingdome Come Deliverance』 ― Warhorse Studios (チェコ共和国) Saber Interactive との協業となります。

このほかにも、下記タイトルをはじめ、さまざまなスタジオから数々のゲームがリリース予定です。

『Kingdom Come Deliverance 』 ― Warhorse Studios

『Outward』 ― Nine Dots Studio

『Wasteland 3』 ― inXile Entertainment

『Iron Harvest』シリーズ ― KING Art Games

『Mount & Blade II: Bannerlords』 ― Taleworld Entertainment

『Pathfinder: Kingmaker』 ― Owlcat Games

「Prime Matterのメンバーの多くは、既に近年成功を収めたタイトルに従事した経験があります。開発者、そしてメンバー間に築かれている強力なパートナーシップが、混乱のない安定した仕事を可能にするのです。」―クレメンス・クンドラティッツ(Koch Media Group, CEO)

When can I find out more? ― より詳しい情報は下記イベントでご覧いただけます

「Summer Of Gaming!」 - 日本時間6月11日(金) 午前3時

「Koch Primetim Stream」 - 日本時間6月12日(土) 午前4時

www.weknowsomethingyoudontknow.com/http://primetime.kochmedia.com

公式サイト&SNS (6月11日より公開予定)

ウェブサイト -www.primematter.gg

Twitter - primemattergg

Facebook - Primematter

Instagram - primemattergg

Twitch – primemattergg

Reddit - Prime_Matter

Why .GG? ― なぜドメインが「.GG」なのか?

Prime Matterはゲーマーによるゲーマーのための素晴らしいゲームをお届けすることを主目的としています。このことを念頭に置いて考えたとき、「.com」は時代遅れのように感じられました。Esportsやアプリ、強い戦略を持つゲームのドメインには「.gg」が使われることが多くなってきていることを考えると、これを使うことは理にかなっていると思います。

Skollfang

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加