有吉弘行、飯島愛さんサイン会並んだ思い出振り返る

有吉弘行、飯島愛さんサイン会並んだ思い出振り返る

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/22
No image

有吉弘行(2019年10月18日撮影)

お笑い芸人の有吉弘行(46)が、2008年に亡くなったタレント飯島愛さん(享年36)のサイン会に並んだ思い出を語り、「めちゃくちゃ笑ってくれたよ」と振り返った。

有吉は21日放送のラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」で、自身の金言を収めた日めくりカレンダー「有吉弘行365日くらやみカレンダー」発売の話題から、サイン会の思い出になり、「僕、作家さんのサイン会に行ったのは1回だけ。もう十数年前に飯島愛さんが『プラトニック・セックス』出した時にサイン会やってて、俺、並んで」と明かした。

一般客と同様に購入した同書を持って列に並んだといい、「飯島愛さんに『何やってんの? アンタ。いい加減にしなよ!』って」と驚かれつつも、「『いいよ、してあげるわ』って」とサインをしてもらったエピソードを披露。「めっちゃ笑ってくれたよ」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加