ブラジル代表FWコウチーニョを巡ってプレミアリーグ勢が大争奪戦?

ブラジル代表FWコウチーニョを巡ってプレミアリーグ勢が大争奪戦?

  • Football Tribe Japan
  • 更新日:2020/05/23
No image

フィリペ・コウチーニョ 写真提供: Gettyimages

プレミアリーグの複数のクラブがバイエルン・ミュンヘン所属のブラジル代表FWフィリペ・コウチーニョの代理人に接触したようだ。22日、英紙『サン』が伝えている。

現在27歳のコウチーニョは、今シーズン初めにバルセロナからバイエルンへ1年間の買取オプション付きのローンで貸し出されている。バイエルンは1億500万ポンド(約138億円)とされる高額なオプション行使に難色を示しており、同選手は今夏の退団が既定路線であると見られている。

そんなコウチーニョの保有元であるバルセロナは新型コロナウイルスで崩壊した移籍市場を懸念して、7100ポンド(約93億円)程度のオファーさえ届けば同選手の移籍を容認する構えだ。報道によると、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、レスター・シティ、ニューカッスルの4クラブがすでにコウチーニョの獲得に動いており、オファーの準備を開始した模様。また、トッテナムとアーセナルのノースロンドン勢もコウチーニョに対して非公式的な関心を寄せており、水面下で何らかの動きを見せるかもしれない。

2018年の1月にカタルーニャへ旅立ったコウチーニョは、果たして再び慣れ親しんだプレミアリーグの舞台へ戻って来るのだろうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
三宅諒が「週4でUberバイト」でもスポンサーを止めたワケ
巨大サッカーゲームで「超すごい若手」だったが、現実で伸びなかった10名
ブンデス初弾の鎌田大地、ドイツ紙が選ぶベストイレブンに! ”独走”バイエルンからも2選手
プレミアリーグは6月17日再開へ!! 英紙が一斉速報、マンCvsアーセナルなど2試合を先行開催
ダッチワイフ騒動の韓国チーム、「あまりにひどい意味不明ミス」がこれ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加