コーチ付けず今季2勝目「幸せ」

コーチ付けず今季2勝目「幸せ」

  • tennis365
  • 更新日:2021/05/03
No image

優勝を果たしたバシラシヴィリ : 画像提供 ゲッティイメージズ

男子テニスのBMWオープン(ドイツ/ミュンヘン、レッドクレー、ATP250)は2日、シングルス決勝が行われ、第5シードのN・バシラシヴィリ(ジョージア)が第7シードのJ・シュトルフ(ドイツ)を6-4,7-6 (7-5)のストレートで破り、今年3月のカタール・エクソンモービル・オープン(カタール/ドーハ、ハード 、ATP250)に続くツアー5つ目のタイトルを獲得した。

>>錦織らマドリッドOP対戦表<<

>>錦織vsハチャノフ 1ポイント速報<<

決勝戦、バシラシヴィリはシュトルフに13本ものサービスエースを決められるも1度ブレークに成功。自身のサービスゲームではファーストサービスが入ったときに79パーセントの確率でポイントを獲得するなど1度もブレークを許すことなく、1時間25分で勝利した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはバシラシヴィリのコメントが掲載されている。

「簡単ではなかったし、最後の方は厳しい戦いになった。とても難しかったよ。彼(シュトルフ)はとても素晴らしいファイターで、サーブもとても上手い。とても幸せだ。ドイツのコンディションは僕に合っているみたい。これは5つ目のツアータイトル。今後の大会に向けての自信に繋がるね」

また、現在は特定のコーチを付けずにツアーを転戦しているバシラシヴィリ。その方針は今後も変わらないことも明かした。

「多くの試合に勝つことは、今後の大会に向けてとても重要。今はコーチを探しているわけではない。フィットネスに関するコーチと一緒にツアーを回っているんだ」

バシラシヴィリは今後、現在開催中のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)に出場。1回戦で世界ランク34位のB・ペール(フランス)と対戦する。

一方、地元ドイツでトロフィーを掲げることができなかったシュトルフはツアー初のタイトル獲得とはならなかった。

[PR]男子テニスATPツアーマスターズ1000 マドリード5/2(日)~5/9(日)男子テニスATPツアーマスターズ1000 ローマ5/9(日)~5/16(日)WOWOWオンデマンドで配信!■放送&配信スケジュールはこちら>

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加