ソフトバンク、連敗止め2位ロッテと1.5差 デスパイネV打、泉が圧巻の火消し

ソフトバンク、連敗止め2位ロッテと1.5差 デスパイネV打、泉が圧巻の火消し

  • ベースボールキング
  • 更新日:2020/09/16
No image

5回、泉(左)と交代するソフトバンク先発の二保=札幌ドーム

● 日本ハム 4 - 5 ソフトバンク ○
<17回戦・札幌ドーム>

首位・ソフトバンクが逆転勝ち。連敗を2で止め、西武に敗れた2位・ロッテとのゲーム差を1.5に広げた。

ソフトバンクは2点を追う6回、7番・川瀬の左前適時打で1点差に詰め寄ると、7回は4番・柳田の押し出し四球で同点に追いつき、続くデスパイネの中前2点適時打で5-3と一気に逆転した。

先発の二保は、2回にバックの失策絡みで一気に3失点。2点ビハインドの5回は先頭から連打を浴びるなど、一死二、三塁とされたところで降板した。ここでリリーフした2番手・泉が圧巻の火消しを披露。まずは粘る6番・大田をスライダーで空振り三振に仕留めると、続く王柏融に対しては、追い込んでからツーシームを振らせ連続三振斬り。1点もやれない場面で最高の仕事をした。

ソフトバンクは3番手・高橋礼以降のリリーフ陣も好投。白星は高橋礼につき4勝目(1敗)、9回を締めた森は21セーブ目(1勝1敗)を記録した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加