宇良“断捨離”で幕内復帰だ アクロバット技「考えている」

宇良“断捨離”で幕内復帰だ アクロバット技「考えている」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/05
No image

ぶつかり稽古で胸を出す宇良(日本相撲協会提供)

「大相撲夏場所」(9日初日、両国国技館)

西十両2枚目に番付を上げた人気業師の宇良(28)=木瀬=が3日、「ミニマリスト」生活を明かした。都内の部屋で関取衆と申し合い稽古を行い、電話取材に応じた。

昨年4月、乱雑な部屋に「断捨離」を決意。動画などで「ミニマリスト」を研究した。「すぱーって捨てるのが大事」と、服も最低限以外は処分。テレビもなく、本も捨てた。

宇良は2度の右膝手術を行い、序二段まで降下したが復活。2場所連続で10勝を挙げ幕内復帰を狙う番付に回復した。「自分に使う時間が増える。決断力も上がる」とまさに「断捨離」効果だ。

幕内復帰に向け「チャンスがあるならつかめるように」と意気込み。アクロバットな技も「考えている」といつでも準備。ミニマリスト宇良の“ビッグ”な技にも注目だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加