村上茉愛「日本なのに時差がある」 3時45分起床で朝型調整/体操

村上茉愛「日本なのに時差がある」 3時45分起床で朝型調整/体操

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/07/22
No image

練習に臨む村上茉愛ら=22日、有明体操競技場(川口良介撮影)

東京五輪に臨む体操女子の日本代表が22日、本番会場となる江東区の有明体操競技場で練習を行い、エースの村上茉愛(日体ク)らが器具の感触を確かめた。個人で日本女子初となる表彰台の期待が懸かる24歳の主将は「自信になる演技ができた」とうなずいた。

予選は25日で、日本は1班に入った。午前10時開始に合わせて朝型の調整を進めており、村上はこの日午前3時45分に起床したという。「日本なのに時差がある」と苦笑いを浮かべた。

最初の種目は落下のリスクがある平均台。「チームとしても個人としても、いい演技ができれば流れに乗っていける種目。なんでも来いという感じで練習している」と頼もしかった。

日本は団体総合で2016年リオデジャネイロ五輪4位。1964年東京五輪銅メダル以来の表彰台に目指す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加