犬にとって『ノギ』は天敵!実は超危険な3つの理由

犬にとって『ノギ』は天敵!実は超危険な3つの理由

  • わんちゃんホンポ
  • 更新日:2022/08/08
No image

犬の天敵『ノギ』ってなに?

No image

散歩中の犬の天敵、それは『ノギ』です。

ノギは、イネ科の植物にある小穂の先端についている「突起」のことをいいます。道端や空き地に自生する雑草には、ススキなど、ノギがついているものが多くあるのです。

ノギには鋭い棘があるため、人間の服や動物の体にくっつく性質があります。特に初夏になると、成長した植物のノギによる被害が多くなります。

では具体的にノギは、犬にどんな被害をもたらすのでしょうか?

ノギが超危険な3つの理由

No image

1.目に刺さる

散歩中、犬の目にノギが刺さってしまうことがあります。ノギは棘状であるため、目に入った犬は激しい痛みや異物感を覚えます。草むらに入った後に目をしきりにこする、痛がるといった場合には、ノギが原因の可能性が高いでしょう。

ノギが目に入ると、ノギそのものや強く掻くことによって、炎症が起きたり、角膜に傷ができたりしてしまいます。最悪の場合は失明することもあるようです。目が赤くなっている、目ヤニが多い、しきりにこする、目が開かないなど犬の目に異変があれば、すぐに動物病院に行ってください。

2.足に刺さる

犬に次のような症状がある場合、足にノギが刺さっている可能性があります。

指間炎が治らない

足をしきりになめる

赤い

血が出る

犬の足は毛で覆われているため、パッと見ただけでは、ノギが刺さっているのがわからないことが多いです。刺さったままになっていると、犬が舐めて炎症を起こし、症状が悪化する場合もあります。

散歩に行ったあと、犬が足を気にする、痛がるなどがあれば、ノギの存在を思い出してみてください。ノギが刺さっていて簡単に抜けそうに無いときは、無理に抜こうとはせず動物病院へ行きましょう。

3.耳の中に入る

No image

散歩中に犬が急に興奮した様子で頭を振る、耳を掻く時には、耳の中にノギが入っていることがあります。敏感な部分である耳にノギが入ると、違和感、痛みで犬は暴れてしまうかもしれません。そうなると、飼い主が耳の中を覗くことも難しいでしょう。

耳になにか入った様子がある場合には、すぐに動物病院へ行ってください。耳の異物を放置すると、炎症を起こしたり、聴力が低下する恐れがあります。耳の中の処置は、処置を安全に行うために麻酔や鎮静をかけて行います。できるだけ早く、犬の苦痛を取り除いてあげましょう。

まとめ

No image

犬の天敵である『ノギ』についてご紹介しました。ノギは身近にある危険な植物です。

どこでも生えているノギには、次のような対策を取りましょう。

雑草がある場所は犬を歩かせない

散歩後は犬の足をチェックする

犬用の靴をはかせる

草むらを探検するのが大好きな犬も多いですが、危険な植物が潜んでいるということは知っておきましょう。愛犬を守れるのは、飼い主であるあなただけです。

愛犬が痛い思いをしないように気を付けながら、散歩を楽しんでくださいね。

(獣医師監修:平松育子)

■この記事を見た人はこんな記事も見ています!

犬が命を落とすかも?絶対にNGな超危険行為5選

*********************

■わんちゃんホンポ

わんちゃんホンポは、ドッグオーナーさんとその愛犬自身の生活環境がより良く素敵なものになることを目指し、様々なおすすめ情報やツールを提供しています。

<ライター情報>
綿鍋 あや

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加