ラウール、この夏の目標は“夜ふかし” 普段は23時に就寝「クマでもつくってやろうかな」

ラウール、この夏の目標は“夜ふかし” 普段は23時に就寝「クマでもつくってやろうかな」

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2021/07/26
No image

夏の目標を明かしたラウール (C)ORICON NewS inc.

人気グループ・Snow Manのラウールと、女優の吉川愛が20日、都内で行われた映画『ハニーレモンソーダ』「ハニレモ」しゅわきゅん▽(ハート)大ヒット御礼舞台あいさつに登壇した。きょうから夏休みだというラウールは「この夏一歩踏み出したいこと」を聞かれると『夜ふかし』と回答。「18歳になったので夜ふかしとかして、あさ『眠いよ~』というのをやりたいです」と意欲をみせた。

【写真】特典ステッカーを懐に入れてご満悦のSnow Man・ラウール

普段は「夏休みとかでも真面目に11時とかに寝てたタイプ」という規則正しい生活を送っているというラウール。あえて心がけているわけでもなく「寝ちゃうので…」と素顔をのぞかせると、吉川は「赤ちゃんみたい」と思わず苦笑。「18歳になると夜ふかしっていいなって。おうちとかで夜ふかししてみようかな。4時とかにゲーム始めちゃうみたいな…憧れます」と目を輝かせた。「大人だったら11時に寝ないと思うので夜ふかしをして、ちょっと一皮むけようかな?クマでもつくってやろうかな、1つ2つ、3つや4つ、クマをつくります」と掲げていた。

一方、吉川は「そうめんを使った料理」に意気込み。「そうめんって茹でて氷に入れてめんつゆにつけるくらいしかレパートリーないので、作ってみようかな」と話すと、ラウールは「流したりはしないですか?流す機械とかをつくるのは?」と真面目に提案。さらに「流しは固定で、流しそばとかどうですか?」と根底から覆すアイデアに、吉川は「そうめんでいいかな…?流しそうめんにします」と笑っていた。

今作は、村田真優氏による漫画雑誌『りぼん』(集英社刊)連載、累計発行部数700万部突破の人気漫画を実写化。内向的な性格で不器用なヒロイン・石森羽花(吉川)が、いつも塩対応でクールだけど、本当は誰よりも優しい、レモン色の髪がトレードマークのレモンソーダ男子・三浦界(ラウール)に出会い、仲を深めていくなかで自身も成長を遂げていくラブストーリー。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加