ロッテ〝鳥を追い払った〟角中 2年ぶりの1号3ラン

ロッテ〝鳥を追い払った〟角中 2年ぶりの1号3ラン

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/09/23
No image

6回、3ランを放ち、山口(左)とタッチを交わす角中(撮影・高部洋祐)

「オリックス-ロッテ」(22日、京セラドーム大阪)

20日・オリックス戦(ZOZOマリンスタジアム)で鳥の来襲を追い払ったベテラン角中が〝2試合連続〟で大仕事を果たした。

この日は7月19日以来の2番に座り、初回には右中間二塁打。四回にも右線二塁打を放つと、六回は村西のフォークを捉え右中間席へ1号3ラン。20年9月17日・西武戦以来2年ぶりとなる今季1号本塁打を放った。「打ったのは硬式ボールです。球種は曲がり球です」と笑いを誘った。

2年ぶりのホームランについては「打たなさすぎて、自分の感覚が狂っているのか、1打席目は行ったと思った打球が行かず。今の打席はフェンスにワンバウンドぐらいの打球だと思い三塁まで行こうと思って走っていったら、入ったので。すごいうれしいんですけど、自分の感覚がなくなっているというさみしさもあります」と不思議そうに振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加