田崎史郎氏、緊急事態宣言の9月解除に「愛知県と沖縄県を除いて解除される見通し」...行動制限緩和可能性も

田崎史郎氏、緊急事態宣言の9月解除に「愛知県と沖縄県を除いて解除される見通し」...行動制限緩和可能性も

  • スポーツ報知
  • 更新日:2021/09/15
No image

政治ジャーナリストの田崎史郎氏が15日、TBS系「ひるおび!」(月~金曜・午前10時25分)に生出演した。

番組では、東京都の新型コロナウイルス新規感染者が23日連続で前週の同じ曜日を下回り、減少傾向になっていることを報じた。

19都道府県で9月いっぱいまで延長されている緊急事態宣言が解除される可能性について田崎氏は「今のところ感染者数は減っていない所があるんですけど、病床使用率が着実に減ってきているんですね。それに着目するならば、今月いっぱいをもって、愛知県と沖縄県を除いて緊急事態宣言は解除される見通しです。病床利用率がこのまま下がっていけば、ステージ3以下になるんですね。両県以外は下がってくるだろうという見通しなんですね」などと話し、このまま病床使用率が改善していけば予定通り宣言が解除される地域があるのではないかと述べた。

司会の恵俊彰から「(解除後は)まん延防止等重点措置に移行するのか、それとも何もないということもあるんですか?」と聞かれると、「それもありますね。下がり方によって、直前になって判断するんだろうと思います。現在、まん延防止等重点措置の対象地域は、おそらく何もない状況になるだろうと」と状況によっては行動制限が解除される可能性も残されているとした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加