【非豚骨ブーム到来!】博多駅構内の期間限定行列店が 駅ビルに実店舗オープン! 15時以降はワインと肴も♪

【非豚骨ブーム到来!】博多駅構内の期間限定行列店が 駅ビルに実店舗オープン! 15時以降はワインと肴も♪

  • FUKUOKAナビ
  • 更新日:2021/11/26
No image

博多駅構内に3カ月限定でポップアップショップを構えた『淡麗らぁ麺 明鏡志水』。駅ホームの立ち食いではあるけれど、鹿児島のカツオ節、宮崎の原木椎茸など、コロナ禍で打撃を受けた九州の生産者を応援すべく、九州素材がギュッと詰まった今までにない麺で話題をさらった。

『特製塩らぁ麺』(1200円)鶏と豚、アグー豚の3種類のチャーシュー、半熟トロト煮卵、三ッ葉、海苔のトッピング。

最終日には前代未聞の行列ができ、カムバックを熱望する声に応え、9月に実店舗を博多駅ビル地下1階にオープン!

No image

博多デイトス地下1階の店舗。壁に沿って行列用の足マークがグングン伸びている

店主・秋吉雄一朗さんは、名店『京都瓢亭』で修行し、’13年〜3年間、OECDパリ日本政府代表部特命全権大使公邸の料理長として料理外交で貢献。’17年には平成29年度外務大臣表彰、および優秀公邸料理長を受賞。茶懐石レストランをパリに開くべく準備中だったが、コロナ禍で延期になり、JR九州駅構内のポップアップショップの記念すべき第1号になった。

No image

厨房で采配を振るう秋吉雄一朗さん

「食への興味は人一倍ありますから、ラーメンも大好きですね。スープは和食の技法でつくっています」と、厨房で大忙しのシェフに代わって女将の秋吉三鈴さん。塩や醤油、白湯、温かいスープと冷たいスープ、そしてつけ麺と、培った一流料亭の技術で13種もの麺を創作。これは通い続けて制覇したくなる!

No image

シェフの秋吉雄一朗さんと、女将の秋吉三鈴さん

「10月中旬からは隣りのカウンターもオープンして、秋吉が選んだナチュールワインやおつまみをお楽しみいただけます。8名から貸切でもご利用いただけますよ!」

22年にはパリに開業予定だそうで、
この店はどうなるの?

「この店はこのまま営業します。パリと行き来して続けますよ!」と、うれしいお言葉! 15時以降、ナチュラルワインや一品料理もオーダーできるので、フランス帰りの和食料理人の美味の世界を堪能しよう!

No image

グラスワイン600円〜/クリスピーフライドポテト(600円)

No image

『無花果の白和え』(600円)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加