ロシア女子バレー 監督がキューバ選手を「サル」と人種差別発言 「ロシアの恥」と猛批判

  • 東スポWeb
  • 更新日:2022/05/14

ロシア女子バレーボール1部リーグの大一番で、ロシア人監督が相手チームのキューバ人選手を「サル」と呼び、猛批判を浴びている。

ロシア「RT」によると、ロコモティブ・カリーニングラードのアンドレイ・ボロンコフ監督は11日に行われたウラロチカNTMKとの決勝最終戦で、タイムアウト中に選手に指示を出した際「なぜまたあのサルをつかまえるんだ?」と発言。この様子が中継された。

ウラロチカのキューバ人選手、アイラマ・セセ・モンタルボを指していると誰もが分かったためファンらが猛批判。ウラロチカの「テレグラム」も「ボロンコフは公式に謝罪しなければならない」と謝罪を要求した。

ウラロチカのクラブのゼネラル・ディレクターのオギエンコ氏は「国際的なスキャンダルになる。この放送はキューバで確実に見られ、地元のバレーボール連盟のリーダーたちも100%(見ている)」と、国際問題に発展すると非難。「ロシア連盟は、これに対処すべきだ。見逃すことはできない」と強い口調で語った。

ロシア「チャンピオナット」によると、有名コメンテーターのグベルニエフ氏も「人種差別主義者。ロシアの恥。追放だ」とボロンコフ氏を猛批判している。

試合はロコモティブ・カリーニングラードが3―2で勝利したが、許されない発言で、タイトルどころではなくなってしまった。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加