秋の栃木国体に向け 団体、選手に県から強化指定証 鹿児島

秋の栃木国体に向け 団体、選手に県から強化指定証 鹿児島

  • KTSニュース
  • 更新日:2022/05/13
No image

鹿児島テレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

2022年、秋に栃木で開かれる国民体育大会に向けて、団体や選手に鹿児島県から強化指定証が贈られました。

2022年9月から開催される栃木国体に向け鹿児島県の強化指定を受けたのは、学校やクラブなど58の団体と、陸上や水泳など31競技の選手339人です。

13日、鹿児島市の県体育館で授与式が行われ、塩田知事が「最強のチーム鹿児島を結成して全力で栃木大会に臨んでください」と選手らを激励しました。

そしてソフトボール競技の「MORI ALLWAVE KANOYA」の領家妃奈選手に指定証が手渡されたあと、自転車競技の南大隅高校の杉野翔一選手が意気込みを語りました。

自転車競技 南大隅高校3年 杉野翔一 選手

「本県の代表として精一杯競技し、鹿児島を全国にアピールしたい。」

栃木国体は9月10日から10月11日まで開かれ、国体としては2019年の茨城大会以来3年ぶりの開催となります。

2023年は「かごしま国体」が開かれる予定です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加