ソフト日本 豪州にコールド快勝発進 上野が13年ぶり五輪で貫録投!打線は2ラン3発

ソフト日本 豪州にコールド快勝発進 上野が13年ぶり五輪で貫録投!打線は2ラン3発

  • デイリースポーツonline
  • 更新日:2021/07/22
No image

3回、内藤が勝ち越しの2ランを放ちベンチで喜ぶ上野(撮影・堀内翔)

「東京五輪・ソフトボール・1次リーグ、日本8-1オーストラリア」(21日、福島県営あづま球場)

東京五輪の全競技のトップを切って、午前9時にスタート。日本の先発はエースの上野由岐子(38)=ビックカメラ高崎=の好投、内藤美穂(27)、藤田倭(30)、山本優がそれぞれ2ランを放つなどし五回コールドで白星発進を決めた。上野にとっては、北京五輪の決勝・米国戦が行われた2008年8月21日以来、4717日ぶりの五輪で4回1/3を被安打2、1失点の堂々とした投球を見せた。

上野は初回に3四死球がからんで1点を先制されたが、日本はその裏に同点に追いついた。

三回には3番・内藤美穂(27)が勝ち越し2ラン、四回には投打二刀流の藤田倭(30)が2ランと、ビックカメラ高崎で上野の背中を追う2人がアーチを競演。上野も三回3三振、四回2三振と中盤から投球のリズムを取り戻した。五回1死で四球を出したところで2番手の後藤希友(20)=トヨタ自動車=に継投した。

五回には6-1から山本が2ランを中越えに放ち8-1。コールド勝利を決める一発となった。

上野は金メダルを獲得した08年北京以来、13年ぶりの五輪登板を4回1/3を2安打1失点、7奪三振と力投した。試合前日に「気持ちが高ぶりすぎないようにしっかりコントロールして(試合に)入りたい」と抱負を語っていたとおりの冷静な投球だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加