天木じゅん、絶好調な写真集に続きセーラー服で二次元ボディの艶っぽさがパワーアップ

天木じゅん、絶好調な写真集に続きセーラー服で二次元ボディの艶っぽさがパワーアップ

  • アサ芸プラス
  • 更新日:2021/04/08
No image

ドラマ「警視庁強行犯係 樋口顕」(テレビ東京系)や「だから私は推しました」(NHK)など最近では演技の仕事にも進出しているグラドルの天木じゅん。149センチと小柄ながら95センチ・Iカップの爆裂バストは健在で、今年1月にリリースした写真集『あまのじゃく』でのみごとな脱ぎっぷりも評判だ。

【関連記事】天木じゅん、「戌年ワンコ扮装」年賀状を上回る“姉セーラー”お宝カット!

「表紙に使用されている手からバストの肉がハミ出したカット、温泉で見せた無防備な美ヒップなど、これまでにない肌見せが好評のようです。ホテルでの撮影時は本人たっての希望でカメラマンと2人きりになって撮影に臨んだそうで、25歳となった天木が初めて“オトナ”に挑んだ作品となっています」(グラビア誌編集者)

そんな新たな魅力も開花させた天木だが、今度はセーラー服姿を披露し、ファンを歓喜させている。

4月5日に発売された「アサ芸シークレットVol.69」では人気企画の「姉セーラー」グラビアに登場。セーラー服の中から成熟した美バストを惜しみなく披露している。

「現役時代は、中学・高校とブレザーが制服の学校に通っていたそうで、本人はセーラー服に憧れがあったようです。二次元ボディと制服のコラボは相性バッチリ。こんな同級生がいたら男子は授業に集中できないでしょうね」(前出・グラビア誌編集者)

童顔が売りだった天木だが、大人の色香も身に着け、ますますグラビア誌を席巻していきそうだ。

アサ芸プラス

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加