【インタビュー】MNL48のユニットBaby Blue、日本デビュー曲は自身初バラード「新たに成熟した感じを」

【インタビュー】MNL48のユニットBaby Blue、日本デビュー曲は自身初バラード「新たに成熟した感じを」

  • BARKS
  • 更新日:2022/01/15
No image

Baby Blueが遂に日本メジャーデビューを果たす。2021年12月15日に先行配信され、2022年2月19日にCDリリースとなる「HEAD UP」がデビューシングルだ。MNL48のメンバーでもあるJan(ジャン)、Coleen(コリーン)、AMY(エイミー)の3人で織りなすAKBグループ発MNL48のガールズユニットは、これまでに「Sweet Talking Sugar」「NEGASTAR」「Stuck On You」といった3作をデジタルリリース。活動開始早々、それら全作品をコロナパンデミックの最中にリリースするという難しい状況に立たされたわけだが、ソーシャルメディア時代の最先端をひた走る彼女たちは変化の波に歌声をしっかりとのせて世界中のファンとつながっている。

◆Baby Blue 画像 / 動画

前作「Stuck On You」リリースから約8ヵ月。フィリピンと日本を再びオンラインでつなぎ、日本メジャーデビューを直前に控えた彼女たちの現在の心境、メジャーデビュー曲「HEAD UP」への思い、自身初のバラードチューンということ、そして2021年の振り返りと2022年の展望について話を訊いた。

◆   ◆   ◆

■日本デビューはちょっと怖くて
■でもスーパーハッピーです(笑)

──2021年4月に前作「Stuck On You」をリリースして以降、どう過ごされていましたか?

ジャン:「すごく「Stuck On You」が好き!」という声をたくさんいただきました。それからの8ヵ月間はMNL48として次のシングルのことなどで忙しくしていましたが、それと並行して、Baby Blueの最新シングル「HEAD UP」のリリースに向けたレコーディングやプロモーションなどの準備をしていましたね。

エイミー:もちろん、ヴォイストレーニングもね。

コリーン:ボディケアも大事だから、身体を整えるトレーニングもしつつ、コロナの影響もあってライブストリーミングで活動していました。学業のほうはオンラインでのスクーリングのみで、まだ学校には行けていません。

ジャン:友達や先生に会えないのはとても寂しいですし、悲しいですね…。

No image

▲Jan(ジャン)

──そんな中ですが、日本でのメジャーデビュー決定、おめでとうございます。

一同:ありがとうございます!

──メジャーデビュー決定を聞いてどう思いましたか?

ジャン:最初は信じられませんでした。だって、日本でのメジャーデビューはずっと夢見ていたことでしたから。でも最近、憧れ目線で見ていたアイドルが載っている雑誌に自分たちが取り上げられているのを見て、“これって私たち!? ついに夢が叶ったの!?”って思ったりして、憧れのアイドルと同じフィールドにいることを実感し始めています。

エイミー:初めて日本でのメジャーデビューの話を聞いた時は衝撃でした。このふたりとまた一緒に活動できることを幸せだなって思いましたね。

コリーン:私もすごく嬉しかったですし、いつも応援してくれているファンのみんなと私たちのマネジメントスタッフに感謝の気持ちでいっぱいになりました。日本でデビューして、日本で活動できるって思うとすごく興奮したし。でも正直なところ、ナーバスにもなりました。

──なぜナーバスに?

コリーン:言葉の壁があるからです。日本語を話せるとは言っても基本だけで、まだほんのちょっとだし。だから今も勉強していますが、それでもやっぱりナーバスになっちゃいます。喜びとナーバスが同時にくるっていうか……いろんな感情があります。

エイミー:私も同じ。こうして英語で話している今だって、ものすごく緊張してナーバスになっているのに、日本語で話すなんてことになったら……考えただけでスーパーナーバス! 怖すぎるっ!

ジャン:嬉しくもあるし、緊張するし、怖い。やっぱり言葉が違うっていうのは大きなことですから。でもそれは日本語だけじゃなくて、英語でも他の言葉でも同じこと。自分たちの気持ちを言葉にして、日本の人たちにシェアすることでファンになってもらえることもあるだろうし。

コリーン:みんなと繋がることができるよね。

ジャン:本当にそう。だからまとめると、Baby Blueは日本メジャーデビューすることにナーバスでちょっと怖くて、でもすごくエキサイトしててスーパーハッピーです(笑)!

No image

▲「HEAD UP」初回限定盤

──その日本メジャーデビューを飾る記念すべきシングルが「HEAD UP」。12月15日に先行配信され、2022年2月19日にCDリリースされます。

ジャン:実は……「HEAD UP」が自分たちの日本メジャーデビュー曲になるとは思っていなかったんですよ。そんなに練習もしていなかったし。

エイミー:そうそう(笑)。

──どういうことですか!?

コリーン:「HEAD UP」をレコーディングしたのはパンデミック以前だったので、結構前のことなんです。

ジャン:レコーディングしたことをすっかり忘れていたくらい(笑)。なので、“え、この曲が!?”っていう驚きが大きくて。

コリーン:だから準備期間中は「HEAD UP」のためのトレーニングをたくさんしました。ミュージックビデオを撮った時にはレコーディングした時のことを思い出したりしていましたし。

──前回のBARKSインタビューでは「Stuck On You」のレコーディングで難しかった点として、ハーモニーを挙げられていましたが、今作では3人のハーモニーの美しさが際立っていますね。

ジャン:そうなんです! ハーモニーという点で言うと「Stuck On You」はチャレンジでしたが、今作の「HEAD UP」ではよく出来たと思っています(笑)。

エイミー:私たち3人の声がいい感じにブレンドされているよね。「HEAD UP」はBaby Blueにとって初のバラードソング。これまでリリースしてきたシングル曲すべて異なるジャンル、違ったスタイルでしたが、今回のバラード作品もまた私たちにとってはチャレンジでした。

コリーン:どの曲にも何かしらのチャレンジがある。だから毎回真剣に向き合って準備をして、ひたすら練習することで、どんなチャレンジもやり遂げてきました。

ジャン:でもやっぱり……私はもっと練習しなきゃって思ってる。だってこのふたり、歌がすっごく上手いんだもん!

エイミー:そんなことないよ〜(笑)。

No image

▲「HEAD UP」通常盤A type

──そんなみなさんは、普段バラードを聴くことはありますか?

エイミー:アリアナ・グランデの曲をよく聴いています。「Honeymoon Avenue」とかすごく好きです。

コリーン:私は好きなバラードがたくさんありすぎて、1曲に絞れないな……ジャンはどう?

ジャン:私は日本のバラード作品をよく聴きます。日本はバラードソングが多いですよね。最近はTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEの音楽がすごく好きで、特に「Seasons」は気分を上げてくれます。

◆インタビュー【2】へ

No image

■私たちの大人っぽい一面に
■ショックを受けちゃうかも(笑)

──では、みなさんにとって初のバラード作品である「HEAD UP」を通して、自分自身、あるいは、他のメンバーについて新たな発見などはありましたか?

コリーン:この曲にはラップパートがあって、プロデューサーと作曲者でもあるディレクターに「そこを担当するように」って私が指名されたんです。ラップミュージックをずっとやりたいと思っていたので、「HEAD UP」でラップを歌えることも、そうした自分の側面を披露できることもすごく嬉しかったです。それだけにナーバスになってしまったというのはありましたけど。

エイミー:私はこの曲で、“私たちはつながってる”ということを実感しました。レコーディングでは曲に私たちの魂を吹き込むわけですが、3人それぞれがアドリブで自分のソウルを思いのまま入れ込むことができたと思います。

ジャン:1作目の「Sweet Talking Sugar」から最新作「HEAD UP」まで、私たちの作品にはいい流れの切り替えがあると思っているんです。「Sweet Talking Sugar」ではキュートさやスウィートさ、「NEGASTAR」はクールに、「Stuck On You」では恋する乙女心を見せてきていて。今回の「HEAD UP」では新たに成熟した感じを見せられたんじゃないかな。

No image

▲Coleen(コリーン)

──実際、以前お話した時よりも大人っぽくなられたようにお見受けします。

ジャン:とはいえ、まだ成熟しきったわけでもなくて、“いつかそうなりたいな”っていう想いを込めた、と言ったほうが正しいかもしれない(笑)。

エイミー:「HEAD UP」で見せた私たちの大人っぽい一面にファンがショックを受けちゃうかもね(笑)。

コリーン:そうだね。“Baby Blue”だから“ベイビー”のはずなのに!?って(笑)。

──そんなBaby Blueが放つ「HEAD UP」を聴いて感じるのは、“温もり”と“優しさ”でした。それゆえに悩みを抱えた友人に聴いて欲しい曲だと感じたのですが、この曲を歌っている時、みなさんの頭の中では誰が思い浮かぶのでしょうか?

ジャン:やはり友達ですね。もちろん私たちのファンであるBaby Loveのみんなも、メンバーのふたりも。誰だって落ち込む時はあるし、特にパンデミックでどうなるか分からなかったし…。

エイミー:自分たちのこともどうなるか分からなかったもんね。だからこの曲は、友達、家族、それにファンのみんなに届けたい。そうだよね?

コリーン:もちろんそうだよ。私たちも含めて世の中のすべての人々の気分がパンデミックによって落ち込んだでしょ。悲しかったし、心許せる誰かに一緒にいてほしいと願ったはず。Baby Loveのみんなに捧げたい気持ちがもちろん強いけど、そんな今だからこそ、この曲はどんな人にもリンクする作品だと思う。

ジャン:すべての人だよね。

エイミー:その通り! 気分が落ち込んだ時、私はいつも「HEAD UP」を聴いていました。すべての人にこの曲を届けられるようにがんばります!

No image

▲「HEAD UP」通常盤B type

──気分が落ち込んだ時、3人はどう乗り切っているのでしょう? それぞれの“HEAD UP方法”を教えてください。

エイミー:私は家族に話します。いつも私を励まし、私の存在価値やどれほど大切に思ってくれているかという愛を惜しみなく与えてくれるのが家族。とても大切な存在です。

ジャン:どうやって前を向くのか……悲観的な性格の私には一番難しい質問です(笑)。でも、塞ぎ込んでいたっていいことなんて何にも起こらないから、友達に心を開くよう頑張ってみたり、自分を肯定してあげたりして前を向くようにしています。まだ知らない音楽に出逢おうとしたりもするし、自分たちBaby BlueやMNL48の曲を聴いて、落ち込んでいた自分を過去のものとして感じられるように、自分自身を引き上げるようにしています。

コリーン:私の場合、近しい人にこそ心を開かないので…。

ジャン:ほんとにそう(笑)。

コリーン:だって大切な人にほど、心配をかけたくないんです。自分が辛い時でも大切な人をハッピーにしたいっていう気持ちが先立つので、どう自分を幸せにするかとか、自分の気分をどうしたら上げられるのかとかは……よくわかりません。祈りを捧げて、音楽を聴いて。でもやっぱり忙しいから、その中で自分の気持ちをどう表現していいかわからない。泣く時間もないし、ママに話す時間もない。だから、ただ音楽をたくさん聴いて、ライブストリーミングをして。とにかく成長しなきゃって思うんです。

エイミー:たしかに私も自分の時間がないな。

No image

▲「HEAD UP」通常盤C type

──アイドル、アーティスト、学生の3役を同時進行することは大変でしょうし、忙しかったと思います。2021年を振り返ってみると、どんな1年でしたか。

コリーン:2021年はたくさんのことに気がついた1年でした。他の誰かが私を幸せにするわけではなくて、自分で自分をハッピーにできるということや、家族と過ごすことがとても大切だということ。そして、Baby Blue、MNL48のどちらも忙しいし、多くの責任もあるけれど、アイドルとして多くの人を幸せにすることができるっていうことに。

──実りの多い1年でしたね。

コリーン:はい。この先も、ただハッピーなだけじゃなくて様々な感情でファンと繋がっていたいし、みんなのモチベーションを上げていきたい。もし私たちが「これはできない」と言って何かを諦めてしまったら、ファンのみんなだってわからなくなってしまうでしょう? だから2022年も愛するファン、家族、そして友達のために強くありたいなって思っています。

エイミー:私はステージへの恐怖心があって。ステージに立って知らない人たちを前に話をする時に怖さを感じてしまうんです。“どう思われるんだろう?”とか考えてしまって。だから今もいっぱい練習をしているんです。

コリーン:エイミーはすごく頑張ってるんですよ。

ジャン:私たちがサポートしています!

エイミー:でも私、本当はこうじゃないんです。母国語を話している時はプレッシャーもそれほど感じないし、ポジティヴなんですけど、英語となると途端に自信がなくなっちゃう。2022年はもっと英語で自分を表現できるように頑張ります。特にソーシャルメディアで!

ジャン:2021年は、“やりたいと思ったことは、思った時にやればいい”というシンプルなことを学びました。というのも、2021年はたくさんのことを計画していたけど、パンデミックだったこともあって、そのほとんどが実現しなかった。そのできなかったことを2022年に実現させたいです。それからいつもしっかり計画を立てる性格なので、2022年はもっと冒険したい(笑)。

コリーン:ジャンはいつだってきっちりしてる。だから「こうして、ああして」って言われて「う、うん…わかった」って感じで、私とエイミーはちょっと引いてしまうんです(笑)。

ジャン:私は物事をきちんとオーガナイズするのが好きなんですよ(笑)。でも、いろんな計画を立てたり、良い筋道を考えたりしても、行動しないと意味が無いってわかったから。2022年はBaby Blueとして、もっとアドベンチャーします!

──こうして個性の違う3人が集まるから面白いんでしょうね。

ジャン:3人がお互いを刺激し合う。そのバランスで成り立っているのがBaby Blueなんです。

◆インタビュー【3】へ
◆インタビュー【1】へ戻る

No image

■みんなともっと繋がりたい
■日本でお会いしましょう!

──日本でのメジャーデビューに際し、来日予定はありますか?

一同:もちろん!

コリーン:2022年、私たちBaby Blueは「HEAD UP」を届けるために日本に行きます! 本当なら2021年に行くはずだったんですけどね。

エイミー:それがパンデミックで行けなかった。政府の決定が出るたびに予定がズレにズレて、いつの間にか2021年末になっちゃってたね。

ジャン:日本で活動することが私たちのメインのゴール。2022年はきっと行けるはず! あとは政府の渡航許可が出るのを待つだけです。日本へ行くことをめちゃくちゃ楽しみにしています!

No image

▲AMY(エイミー)

コリーン:日本を愛してるからね。私たちはBaby Loveのためにここにいるし、何が起きても私たちの心はみんなと共にある。私たちはいつだって繋がっているから。それをファンのみんなに知っていてほしいし、安心して過ごしてくれたらって思っています。

ジャン&エイミー:イエス!

──大好物のおにぎりも食べていただかないといけませんし。

一同:イエーーース!

──では、日本のBaby Loveにメッセージをどうぞ。

エイミー:ハロー、Baby Loveのみんな! みんなと会える日が待ちきれない気持ちでいっぱいです。いつも応援してくれてありがとう。愛してます。みんなハグさせて(とメンバー同士でハグ)!

ジャン:いつもありがとうございます。日本に行く時には、みんなを今まで以上に楽しませられるはずです。一日も早く会えることを願っています!

コリーン:Baby Loveのみんな、リリースのたびに応援してくれてありがとう。2022年は何度も日本へ行きたいし、私たちの歌でみんなともっと繋がりたいです。最新シングル「HEAD UP」はきっと気に入ってもらえるはず。私たちの音楽で楽しんでくださいね。日本でお会いしましょう!

取材・文◎早乙女‘dorami’ゆうこ

■メジャーデビューシングル「HEAD UP」

2022年2月16日(水)リリース

▲初回限定盤

【初回限定盤 (CD+DVD)】MUCD-9151/2 ¥2,200(税込)
DVD:「HEAD UP」MV + MVメイキング
▼CD収録曲
1. HEAD UP
2. Sweet Talking Suger
3. HEAD UP-Instrumental-

▲通常盤A type

【通常盤A type】MUCD-5397 ¥1,000+税
▼CD収録曲
1. HEAD UP
2. Sweet Talking Suger
3. HEAD UP-Instrumental-
4. Sweet Taiking Suger-Instrumental-

▲通常盤B type

【通常盤B type】MUCD-5398 ¥1,000 +税
▼CD収録曲
1. HEAD UP
2. NEGASTAR
3. HEAD UP-Instrumental-
4. NEGASTAR-Instrumental-

▲通常盤C type

【通常盤C type】MUCD-5399 ¥1,000 +税
▼CD収録曲
1. HEAD UP
2. Stuck On You
3. HEAD UP-Instrumental-
4. Stuck On You-Instrumental-

■Baby Blue プロフィール

AKB48グループとして、フィリピン・マニラを拠点に活動するMNL48から誕生した日本発信ユニット。SNS時代の申し子としてTikTokで400万フォロワーを獲得するCOLEEN(コリーン)、圧倒的歌唱力を誇るAMY(エイミー)、ユニットリーダーで第三回総選挙6位のJAN(ジャン)で構成。
本格的R&Bサウンドによる楽曲+クールなビジュアルで魅せるパフォーマンスで2020年9月始動。シングル「Sweet Talking Sugar」は、全編英語詞の本格的なR&B楽曲でSNSを中心に話題となり、同年11月にHIP HOP色溢れるシングル「NEGASTAR」、2021年4月にシングル「Stuck On You」をリリース。2022年2月にリリースされる「HEAD UP」は日本メジャーデビューシングルとなる。アイドルなビジュアルからは想像できない楽曲、パフォーマンスでアジアを中心にワールドワイドな活動が期待されるニューカマー。

▼JAN(ジャン)
・生年月日:2001年1月5日
・出身:フィリピン / マニラ
・趣味・特技:作曲と絵を描くのが趣味でいつか個展を開きたい、パンツよりスカートが好き、サスペンスとホラー映画が大好き。
「「Heads up」は、聴いている人にすべてがうまくいくことを、そしてただ今あるものに感謝しなければいけないことを気付かせてくれる曲です。コントロールできないこともありますが、いつも誰かがそばにいるのですから、希望を失ってはいけません。とても美しいことだと思います。ビートも落ち着いた感じの曲です」

▼COLEEN(コリーン)
・生年月日:2002年11月26日
・出身:フィリピン / マニラ
・趣味・特技:モバゲーのモバイルレジェンドをプレーしていると泣いてしまう、赤ちゃんの頃からの親指を噛む癖が治らない、紫が大好き。
「Heads up」はとてもリラックスした雰囲気で、Baby Blueの曲の中でも最も好きな曲の一つです。皆を勇気づけ、すべてが大丈夫であること、どんな困難に直面していても一人ではない、いつもそばにいるからと、ファンのみんなに、直接この曲を歌いかけているような感じがとても共感できます」

▼AMY(エイミー)
・生年月日:2002年12月18日
・出身:フィリピン / マニラ
・趣味・特技:観葉植物は人口観葉植物(フェイクグリーン)の方が好き、家にいるよりビーチで過ごしたい、ほめられると元気になる。
「Heads up」は、安心してリラックスできる曲です。あなたを元気づけてくれます。たまには大丈夫じゃなくてもいいんだよ、と教えてくれます。この世に完璧な人間はいないのだから。だから、「頭を上げて、空を見よう!」「すべてがうまくいくよ!」というメッセージです。最近落ち込んでいる人にもぴったりの曲だと思います。この曲のミュージックビデオが公開されるのをとても楽しみにしています。皆さんにとても気に入っていただけると思います。期待していて下さい」

関連リンク

◆Baby Blue オフィシャルサイト
◆Baby Blue オフィシャルTwitter
◆Baby Blue オフィシャルInstagram
◆MNL48 オフィシャルYouTubeチャンネル

◆インタビュー【2】へ戻る
◆インタビュー【1】へ戻る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加