横浜FM、オナイウのハットトリックで3連勝! FC東京はこれでリーグ戦4連敗

横浜FM、オナイウのハットトリックで3連勝! FC東京はこれでリーグ戦4連敗

  • サッカーキング
  • 更新日:2021/05/01
No image

J1第12節でFC東京と横浜FMが対戦した [写真]=Getty Images

1日、明治安田生命J1リーグ第12節でFC東京と横浜F・マリノスが対戦した。

ホームのFC東京は、前節サガン鳥栖を相手に前半で2失点を喫し、現在リーグ戦3連敗中。先月7日の第8節以来となるリーグ戦の勝利に挑む。一方の横浜FMは、ここまで黒星は開幕節のみで直近のリーグ戦は9戦無敗。さらなる上位進出へ、今節は3連勝がかかる一戦となった。

試合開始早々、FC東京にアクシデントが襲う。相手FWとのプレーにより、開始1分でDF内田宅哉が肩を負傷しDF蓮川壮大と交代。FC東京の長谷川健太監督は、思わぬかたちで交代カードを切ることになる。

すると、横浜FMが先制に成功する。8分、敵陣右サイドを味方とのワンツーで抜け出したFWエウベルが、対峙したDFジョアン・オマリを振り切りペナルティエリア右へ進入。中央へパスを送ると、フリーで待っていたFWオナイウ阿道が決めた。オナイウのリーグ戦3試合連続ゴールで、横浜FMがリードを奪う。

1点を返したいFC東京は32分、敵陣中央右サイドからMF東慶悟が右足クロスを供給。これをペナルティエリア内で待っていたFWディエゴ・オリヴェイラが枠内へヘディングシュートを放ったが、横浜FMのGK高丘陽平が好セーブを見せゴールには至らない。前半は0ー1のスコアで折り返す。

迎えた後半開始早々、横浜FMは敵陣中央右サイドからFWマルコス・ジュニオールが右足でクロス。これを中央でオナイウが落とすと、走り込んだエウベルが右足でシュートを放つ。しかしこれはFC東京のGK波多野豪が好反応でゴールを守る。

それでも52分、横浜FMが追加点を記録した。M・ジュニオールのパスに反応し右サイドを抜け出したエウベルが、FC東京のDF小川諒也と競り合いながら敵陣ペナルティエリア右へ進入。エウベルが右足でパスを出すと、小川に触れたボールは中央で待っていたオナイウの下へ。これをオナイウがゴールへ流し込み、この日2点目を記録した。再び「エウベル→オナイウ」のラインで横浜FMのリードは2点となる。

止まらないオナイウは61分、敵陣ペナルティエリア左からエウベルがシュートを放ったこぼれ球を、ゴール正面から左足で決めた。これでハットトリックを達成したオナイウは、これでリーグ戦の得点数を8にまで伸ばしている。

横浜FMはその後も途中出場のMF天野純からエウベルやFW前田大然が決定機を迎えるが、波多野の好セーブなどで追加点とはならず。それでも結局このまま試合は終了し、横浜FMがリーグ戦3連勝を手にした。一方のFC東京は、これでリーグ戦4連敗を喫している。

【スコア】
FC東京 0ー3 横浜F・マリノス

【得点者】
0ー1 8分 オナイウ阿道(横浜F・マリノス)
0ー2 52分 オナイウ阿道(横浜F・マリノス)
0ー3 61分 オナイウ阿道(横浜F・マリノス)

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加