お箸が止まらない!圧力鍋でトロトロ~牛すじとコンニャクの煮込み(牛すじ下処理の工程写真付き)

お箸が止まらない!圧力鍋でトロトロ~牛すじとコンニャクの煮込み(牛すじ下処理の工程写真付き)

  • 暮らしニスタ
  • 更新日:2022/06/23
No image

お箸が止まらない!圧力鍋でトロトロ~牛すじとコンニャクの煮込み(牛すじ下処理の工程写真付き)

トロトロ~牛すじ肉の煮込みです。

圧力鍋で炊くとトロトロ柔らかくって歯が要らないほどです^^

もうどんだけ太ってもいいわ~~って思うほど食べだすとやめられない(笑)

ま、お肉は太らないですけどね^^(と、信じたいw)

普通に炊くと1時間半とかかかるけど、圧力鍋でなら早い!

牛すじは下処理に少し手間がかかりますが、

油とあく抜きだと思えば大変だと全く思わないです(笑)

そしてそれ以上に美味しさが勝ちます^^

最初に5分湯がき汚れなどを取りカットし、

生姜・ネギと圧力鍋で15分煮込む。

そして調味料とこんにゃくと一緒に圧力鍋で10分煮込むだけ。

他の事しながら同時進行で作れますしね^^

▼材料

・ 牛すじ:500~600g

・ こんにゃく:1枚

・ 生姜:1かけ

・ ネギの青い部分:1本分

・ 昆布:10㎝×10㎝1枚

・ ★水:300ml

・ ★醤油・酒:各大さじ3

・ ★みりん・砂糖:各大さじ2

・ ★カツオ顆粒出汁:小さじ1/2(ほんだし使用)

・ 片栗粉:大さじ1/2(水大さじ1)

さしが綺麗~

いつも買うお肉屋さんの国産牛すじは100g198円です。

①こんにゃくは1口サイズにスプーンでちぎり、

湯がきあく抜きする。ザルに上げ水気を切っておく。

(※あく抜き不要を買ったけどやはり湯がき沸騰させ使います^^;)

牛すじの下処理をします。

②牛すじを水で洗い、鍋にかぶる程度の水を入れ沸騰すれば5分湯がく。

③湯を捨てザルに上げ、水で綺麗に洗ってから一口サイズにカットする。

④鍋に3を入れかぶる程度の水とネギ・生姜の薄切り3~4枚を入れ、

圧力鍋の蓋をして強火で圧力がかかれば弱火で15分。

⑤圧力が下がれば蓋を開ける。

これと比べると柔らかさの違いがわかると思います。

⑥ザルに上げ、水で綺麗に洗いしっかり水気を切る。

これで余分な油も綺麗に落とせます。

このままでも食べられるので、これをおでんに入れたり、

牛すじカレーに使ったり、また冷凍保存も出来ます。

⑦同じ鍋をさっと洗い、油分をペーパーで拭き取り

生姜3~4枚分を千切りして昆布をさっと拭き取り★と入れる。

⑧牛すじとこんにゃくを入れ蓋をして強火にかける。

圧力がかかれば弱火にして10分。

⑨圧力が下がれば蓋を開け、2分程強火で煮詰める。

お好みで、水溶き片栗粉で少しとろみをつける。

片栗粉でとろみを付けると煮汁がからんで

さらに口当たりも良いですね^^

ネギの小口切りを乗せても合います。一味などをかけても♪

いろいろな部位があるけど、私はこの手前の半透明?

の炊く前は硬いけど、炊くとトロトロのこの部分が1番好き(誰も聞いていないけどw)

こんにゃくもお肉の美味しい味が染みしみですね^^

※いつもの映えないお弁当ですが^^;

卵焼き、もも肉の唐揚げ、ブロッコリー、蒸しキャベツを下に敷き、

エビフライ、牛すじ煮込み、トマト。

ご飯は300g入り♪わっぱ弁当箱ってめちゃ洗いやすいですね。

米粒1粒もつかないし油もつかず、なんなら洗わなくてもいいくらい(笑)

■ コツ・ポイント

1週間に1回ほど炊いています。

常に常備してるくらいです^^:

お持ちの圧力鍋の説明書通りにお使いくださいね。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加