松生理乃「いい演技できました」拍手喝采の首位発進

松生理乃「いい演技できました」拍手喝采の首位発進

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/22
No image

全日本ジュニアフィギュアスケート選手権2日目 女子SPで演技する松生理乃(代表撮影)

<フィギュアスケート:全日本ジュニア選手権>◇22日◇第2日◇青森・フラット八戸◇女子ショートプログラム(SP)

西日本選手権優勝の松生理乃(16=愛知・中京大中京高)が首位発進した。

冒頭の3回転ルッツから入り、助走が短いダブルアクセル(2回転半)を華麗に決めると、後半に組み込んだ3回転フリップ-3回転トーループも見事に降りきって、演技を終えると会場からの大きな拍手を受け取った。「西日本ではミスが出たので、練習ではノーミスを続けることをやってきました。まだメンタルが弱い面があるので、いっぱい練習しないと不安になる。毎日ノーミス、をいっぱい練習してきました。久々にお客さん、少し緊張はしたんですけど、いい演技ができました」と喜んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加