Apple、小規模事業者のためのToday at Appleセッションを開始

Apple、小規模事業者のためのToday at Appleセッションを開始

  • iPhone Mania
  • 更新日:2021/06/10
No image

Appleは、小規模事業者のためのバーチャルToday at Appleセッションの提供を始めたことが明らかになりました。

「カメラ」アプリで実際に撮影技術を体験

Appleはアメリカ太平洋夏時間の7月16日午前11時から、オンラインで小規模事業者のためのバーチャルToday at Appleセッションを開催します。

タイトルは、「Virtual Session: Photography for Your Business(バーチャルセッション:あなたの事業のための写真)」で、ビジネスを紹介するために役立つiPhoneでの写真撮影スキルを学ぶことができます。

Appleのクリエイティブスタッフが、ソーシャルチャンネルやデジタルチャンネルに投稿できるような、人目を引く写真を撮影するためのヒントやコツを紹介してくれます。「カメラ」アプリを実際に使って、アングルや照明を検討し、すばやく編集する方法を学びます。中小企業や起業家の方におすすめとされています。

Appleは小規模事業を積極的にサポート

Appleは、スモールビジネスエキスパートを準備しており、予算に合ったデバイスや特別価格に関するアドバイスから、最適な支払い方法の選択まで、どんなことでも相談できます。

Appleは2021年から、年間売上高が100万ドル(約1億円)以下の開発者に対してApp Storeの手数料率を従来の半分に引き下げており、中小規模開発者のサポートに徹しています。

Source:Apple [1],[2]via9to5Mac
(lexi)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加