ヤクルト・中村の走塁を巡りリプレー検証 判定は「正しいスライディング」

ヤクルト・中村の走塁を巡りリプレー検証 判定は「正しいスライディング」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/10/15
No image

ヤクルト・中村

「中日-ヤクルト」(14日、ナゴヤドーム)

ヤクルトが五回の攻撃、無死一塁。サンタナの一ゴロで中日は3-6-3の併殺を狙った。だが、送球を受けた遊撃手・京田が二塁フォースアウト後、一塁へ送球する際に転倒。スライディングした一走・中村の足に引っかかる格好となり、リプレー検証となった。

だが、中村はベースに向かって真っすぐ滑り込んでおり、審判が「危険なスライディングか確認しましたが、正しいスライディングでしたので1死一塁で再開します」と場内アナウンスで説明した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加