キラリ、阪神・サンズの好守 6回のピンチでライナー好捕から併殺完成 今季初の一塁先発で魅せた

キラリ、阪神・サンズの好守 6回のピンチでライナー好捕から併殺完成 今季初の一塁先発で魅せた

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/11

◇交流戦 日本ハムー阪神(2021年6月10日 札幌D)

No image

<日・神(3)>6回1死一、二塁、西川のライナーをキャッチした阪神・サンズは、飛び出した一塁走者・浅間にタッチ(撮影・大森 寛明)

今季公式戦で初めて一塁の守備に就いた阪神・サンズが好守で魅せた。

1点リードの6回1死一、二塁のピンチで、西川の手前へのライナーに飛びつく好捕。さらに飛び出した一走・浅間をすかさずタッチアウトにし、併殺でピンチを切り抜けた。

今季は主に左翼として出場してきたが、今春キャンプでは一塁の守備にも取り組んでおり、しっかり準備ぞ整えていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加