中日・田島が契約更改 FA権行使せず残留「(愛知を)出ることの方が不安が大きかった」

中日・田島が契約更改 FA権行使せず残留「(愛知を)出ることの方が不安が大きかった」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/11/25
No image

契約更改交渉を終えて会見に臨んだ中日・田島慎二投手(撮影・須藤佳裕)

中日・田島慎二投手(31)が25日、ナゴヤ球場で契約更改交渉に臨み、2000万円増の年俸3500万円プラス出来高(推定)でサインした。

「去年に手術をさせていただいて、リハビリ期間も1年以上かかるのが普通といわれていましたがチームスタッフの方たちに助けてもらって、リハビリも順調にいって復帰できたので、その感謝の気持ちはこれから一生、忘れてはいけないと思います」

今季は、昨季に行ったトミー・ジョン手術を乗り越えて2年ぶりに1軍に復帰。22試合に登板して2勝1敗8ホールド、防御率2・45の成績を残した。今年8月に取得したフリーエージェント(FA)権は行使せず「生まれも育ちも名古屋。一度も出たことがなかった。むしろ出ることの方が、不安が大きかった」と残留を最優先に考えて、日々を過ごしてきた。

優勝を目指して来季以降に意気込みなかで、この日は同じくFA権を行使しなかった祖父江も契約を更改。「祖父江さんも一緒に残ることになって、普段から面倒を見てもらっていますし、ポジションを争うが、一緒に頑張っていきたい」と切磋琢磨(せっさたくま)を誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加