長野が琉球FW人見拓哉をレンタルで獲得「初出場した際の拍手、熱い声援は今でも忘れません」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/07/21

AC長野パルセイロは21日、FC琉球のFW人見拓哉(23)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。期間は2021年8月1日から12月31日まで。

人見は立正大を卒業後、2020シーズンに琉球に加入し、リーグ戦8試合1得点を記録。しかし、今シーズンはここまで出場がなかった。長野の公式サイトを通じ、人見は「シーズン途中にも関わらず、オファーしてくださったAC長野パルセイロさんに心から感謝します。J3優勝、J2昇格に貢献できるように自分の持っているものを全面に出し、日々の練習から取り組みたいと思います!」と意気込みを伝えている。

また、琉球の公式サイトでもコメント。「今シーズンまだ試合に出場できずチームに貢献できていない中、移籍を承諾してくれたチームに感謝します」と感謝を語り、「昨シーズン怪我をして、復帰してJリーグ初出場した際の拍手、熱い声援は今でも忘れません。チームは変わりますがこれからも気にかけていただけると嬉しいです!」とメッセージを送っている。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加