乗っても沈まない! 県中央植物園でオオオニバス体験

乗っても沈まない! 県中央植物園でオオオニバス体験

  • 北日本新聞
  • 更新日:2022/08/07
No image

オオオニバスの葉に乗って記念撮影する子ども

富山県中央植物園の夏の人気イベント「オオオニバスに乗ってみよう」が5日、富山市婦中町上轡田の同園で始まり、子どもたちが池に浮かぶパラグアイオニバスの葉に乗って感触を楽しんだ。7日まで。

パラグアイオニバスは世界最大の葉を持つ水生植物。今年は3月に種から栽培し、直径約1・5メートルの大きさに成長した。体重30キロの子どもが乗っても沈まないという。

子どもたちは職員に付き添われ、お盆形の葉に乗った。「揺れてる」「すごい」と喜びながら記念撮影していた。

各日の受け付けは午前9時半と午後1時半から。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加