浅田舞、社交ダンス全日本大会で涙ぐむ「申し訳ない」憧れの人物とは

浅田舞、社交ダンス全日本大会で涙ぐむ「申し訳ない」憧れの人物とは

  • モデルプレス
  • 更新日:2022/08/06

【モデルプレス=2022/08/06】5日放送のTBS系バラエティー「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(毎週金曜夜9時57分〜)はスペシャル番組として「金スマ社交ダンス部」を放送。全日本選手権へ挑戦した浅田舞と全日本ファイナリストたちがスタジオで華麗なダンスを披露した。

No image

(写真 : 浅田舞(C)モデルプレス)

【写真】浅田舞、ヒールで圧巻“Y字バランス”驚きの声相次ぐ

◆浅田舞、キンタロー。に憧れて社交ダンス

キンタロー。がロペスこと岸英明とともに、社交ダンス世界選手権日本代表となり、世界選手権に出場、世界ランク10位以内に入るなど素晴らしい結果を残した記憶も新しい同番組の社交ダンス部。舞は、2019年に社交ダンス部で社交ダンスをスタートさせ「自分の軸となるもの『ドシン』としてるものが自分の中にはないと思ってる」「何がいいのか葛藤する時間が長かった。そんな中社交ダンスと出会った」と笑顔で語っていた。

ペア結成から短期間でデビューし、優勝を果たすほどの活躍を見せ、努力と才能でどんどんと腕を上げる様子と美しいダンス姿が話題に。今回は勝てば世界大会の出場権を獲得できる全日本選手権に相方のオチョとともに挑んでいた。

◆浅田真央、姉・舞は社交ダンスで「生き生き輝いている」

舞の妹でプロフィギュアスケーターの浅田真央からも「フィギュアスケート選手の時以外に、凄い生き生きしてて輝いて」「もう一度姉が全力で何かに向って突き進んでる」とコメントVTRが届けられた通り、真剣にそしてキラキラと輝く笑顔とともに練習に励んだ舞。「キンタロー。さんのダンスを見て、私も社交ダンスをやりたいと思った」とキンタロー。への憧れを明かした。

世界選手権まで至ることができない状況に「申し訳ない」「次の選手権で表彰台に上がることができなかったら、私たちは今後を考えた方がいい」との強い決意で挑んだ舞。演技後はコーチに「最高でした!」と声をかけられた途端に涙ぐんでしまう場面が映し出されたが、結果は6位となった。

◆中居正広、小室哲哉とトップダンサーたちのコラボ企画を画策?

番組の最後では、社交ダンスで日本と世界を席巻するトップダンサーたちが次々とダンスを披露。舞はステージで全日本ファイナリスト5人の男性ダンサーと1対5でコラボレーションをして踊り華麗な姿を見せた。

スタジオは拍手喝采の嵐となり、池田美優も「すてき!!」と感激。舞は「本当に幸せです」と満面の笑顔を見せた。また舞に惜しみない拍手を送っていた中居からは、この日出演したプロダンサーたちに「5人でなんか出せば?」と提案。TRFのダンサー・SAMが「全然できますよ!」と感動した様子を見せると、中居はSAMに「ちょっと小室(哲哉)さんに頼んでくれるかな?」とTRFをプロデュースしている小室に話をしてくれるよう相談する場面もあった。(modelpress編集部)

情報:TBS

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加