妹を殺されて元犯罪者支援も...「裏切ることは絶対にしない」と誓った男が消える

妹を殺されて元犯罪者支援も...「裏切ることは絶対にしない」と誓った男が消える

  • マイナビニュース
  • 更新日:2022/11/25
No image

フジテレビのドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』では、最愛の妹が殺された犯罪被害者の遺族でありながら、元犯罪者を支援する草刈健太郎さんを追った『あの日 妹を殺されて2 ~たとえ裏切られても~』を27日(通常と異なり13:40~ ※関東ローカル)に放送する。

妹を殺されて元犯罪者支援…中島美嘉驚き「人を助けることへの切り替えがすごい」

2020年10月、草刈さん(47)が向かったのは、兵庫県にある加古川刑務所。この日、出所してくる元・受刑者を自らの会社で雇用するためだ。

会社社長を務める草刈さんは、かつて罪を犯し、刑務所や少年院から出てきた人物に、仕事と住居を提供して“親代わり”になっている。もちろん、全員が更生できるわけではない。何度も何度も裏切られてきたが、それでも諦めず、元犯罪者の更生に取り組んでいる。その理由は、は彼が抱える悲しい過去があった。

17年前、最愛の妹を留学先のロサンゼルスで、アメリカ人の夫に殺された草刈さん。「加害者を減らせば、妹のような被害者も少なくなる…」と信じて、罪を犯した人間の採用面接を行なうために訪れた刑務所・少年院は50カ所を超える。

新たに迎え入れたのは、刑務所で面接をし、草刈の元で働くことを熱望するショウタさん(仮名・25)。薬物所持や窃盗などで繰り返し逮捕され、3年を刑務所で過ごした。逮捕をきっかけに妻と子どもたちとも離ればなれになった。

そんな彼の指導役は“寮長”のコウスケさん(47)。アメリカの名門大学を卒業し、大手総合商社で働いていた彼も、違法薬物の使用で全てを失い、草刈さんに救われた一人だ。

しかしショウタさんが働き始めて3カ月、「社長を裏切ることは絶対にしない」と誓っていた彼が、寮から消えてしまう…。

どんなに裏切られても諦めず、元受刑者の更生に取り組む草刈さんやコウスケさん。そんな彼らの奮闘の日々を、歌手・中島美嘉のナレーションで見つめていく。

(C)フジテレビ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加